(大人になるって楽しそうだな)と思わせるのも親父の仕事かもしれない

昨日の記事で紹介した「悩みどころと逃げどころ」

最終章「未来」の中で、社会派ブロガーのちきりんさんとプロゲーマーの梅原大吾さんがこんなことを語り合っていました。

ウメハラ
プロゲーマーが次々と新しい遊び方の提案をすることで、ゲームはどんどん楽しくなるし、それを示せてこそのプロなんです。
そして、そのプレーでファンをワクワクさせないと意味がない。プロだから勝つことは大事です。でも、獲得した賞金総額で競ってるだけじゃダメなんです。
ちきりん
ふーん。なるほどねー。そっかー。
ウメハラ
なんなんですか?
ちきりん
それって人生も同じだなーと思って。
大人の役割とか、先生の役割って、本来は「こうやって遊ぶと、人生楽しいよー」って教えることだと思うんです。遊ぶっていうか、「こうやって過ごすと、人生楽しいよー」って。
しかもクチで説明するんじゃなく、自分の人生を見せながら、子どもに人生の楽しさを示していく。
ウメハラ
確かにそうですね。
ちきりん
でも今は学校も「勝てばいいんでしょ」的な方法を教えるわけですよ。「こうやったら楽しいよ」じゃなくて「こうやったら人生の勝負に勝てますよ」って。
ウメハラ
それ、今、僕が話したこととまったく同じだ!
ちきりん
そうなの。
「どうやったら楽しくなるのか」ってゲームだけじゃなく、人生だって同じじゃないですか。
それが一番大事でしょ?
でも学校的な価値観の世界は、「楽しむなんてことを目的にしてたら、勝てないぞ」って脅すんですよ。まるでその二つが相反するみたいに教える。
ウメハラ
でももし、プロゲーマーがファンに「このゲームはこうやって遊ぶとサイコーにおもしろいんだぜ」って示せるようになって、学校の先生が「人生はこうやって過ごすとサイコーにおもしろいんだぜ」って自らの生き方をもって示してくれたら・・・。
ちきりん
学校、めっちゃ楽しそう!

子供に「自分の将来は暗い」と言われたら、どうアドバイスしますか?という記事の中で、長男くんが未来に希望を持っていないことを書きました。

「高校卒業して大学行けば楽しそうだけど、就職したら毎日がツラくなるでしょ」と言われました。

長男くんは、社会人になることに何の希望も持っていないようでした。

これは、父親である僕の責任かもしれません。

僕が会社でツラい思いをしていたのを、長男くんはずっと見ていたのかもしれない。

この時期、僕は、彼に

「生きてるって素晴らしい」

「未来は明るくて希望に満ちている」

とまでは思ってくれなくても良いから、

せめて、

「いろいろあるけど、生きるって意外と楽しいかも」

「未来はすげー不安だけど、何となく楽しみかも」

くらいは感じてほしいなぁ、と考えていました。

そう感じさせてあげるのも、親父の役目なのかもなぁ、とも考えていました。

「そのために社会を良くするぞ!」とか「社会貢献して良い国を作るぞ!」なんて、息巻かなくても良いと思っていて、

(あ、親父、楽しそうに生きてるな)とか、(今日もヘラヘラしながら幸せそうに酒飲んでるな)くらいのことを感じてくれれば良いと思うのです。

そんな自分を見せることができて、「いろいろなことから解放されて自由になれれば、すんげぇ幸せになれる」という希望をもってもらえれば、うれしいなと思います。

   
 
   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね