ゆるくないことをしないと、ゆるくなれない という矛盾

今日は大雪です。
早く帰れ、って言われたんで、帰ってきて、お酒たくさん飲んでます。

こんなことを書くと「ダメ親父」と言われそうでコワいのですが、僕はできるだけ「ゆるく」生きたいです。

平日は、息の詰まる会社になんて行きたくないし、
休日は、家族や気の合う友達と遊んでいたいです。

好きなお酒を飲むことと、おいしいものを食べるのが好きです。
(僕がおいしいと思うものです、高価なものという意味ではないです)

だから、平日・休日にかかわらず、好きなお酒を飲んで、妻が作った料理を「うまい~」、とほめつつ、家族や気の合う人たちとヘラヘラと談笑していたいです。そして、心地よい感じでズブズブと眠りにつきたいです。

そんなゆるい生活を死ぬまで続けられたらいいなぁ、と思っています。

「将来ゆるく生きたいのなら、収入はこれくらいなきゃダメだ!」とか
「働き盛りの時に集中して目一杯働かなきゃダメだ!」とか
「資産が●●円なきゃ、ゆるくなんて生きられない!」とか
「ゆるく生きるためには、ものすごい覚悟が必要だ!」とか
言われちゃったりします。

ホントにそうなんだろか?

「ゆるく生きるための代償は、すごく大きくなければオカシイんだぞ!」的なことが、言われ過ぎている気がするんですよ。

ゆるく生きるって、もっと簡単なことだと思うんだけどなぁ。

僕が間違っているのかなぁ?

あぁ 酔って書くとダメだなぁ。
明日、この記事削除してたらゴメンなさい。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 月影 より:

    初めまして。
    僕は、この世で一番キライな物は、仕事
    一番好きな事は、ぼーっとする事です。
    ぼーっとするって生きてる中で、一番贅沢な感じがします。
    お休みなさい。

  2. prire より:

    家族を持っている以上、それを守る事を何よりも先決にすべきだと思います。
    その見通しさえクリアしていれば、別に人の言う事なんて気にしなくても良いと思います。
    ただ、どうしてもそれなりの覚悟は必要になって来るとは思いますけどね。

  3. 正吉 より:

    prireさん
    必要以上に怖がらせている人が多いように思うんです。でも確かにいろいろな意味での「覚悟」は必要ですね。

    月影さん
    初コメントありがとうございます。
    ボーっとするの僕もすごく好きです。たき火しながらホケーっとしている時なんて、無上の喜びを感じます。