「自由になりたい」という古いメモを発見した

性懲りもなく、昨年末から終わらない部屋の片づけを続けております。

僕は本が捨てられなくて困っていると以前に書きましたが、同じような理由で「メモ」もなかなか捨てられません。

何かを考えるときはよくメモを書きますので、それがどんどん溜まっていきます。

役に立たないメモを捨てようと思い立ち、内容を確認しながらゴミ袋に入れていく作業をしておりました。

あるメモを発見しました。

タイトルは「自由になりたい」でした。

今から8年前の2009年、僕が42歳か43歳のときに書いたメモだと思います。

(字が下手過ぎて読めないので、清書します)(^^;)

自由になりたい

・スーツや決まった堅苦しい制服などを着て、仕事をしたくない。ネクタイなんてもっとイヤだ

・TシャツとGパンで仕事をしたい。夏はビーサンで仕事したい。足ムレるし

・自分がノレる時は、どんどん仕事したいし、ノレない時は映画でも見ていたいし、旅に出ていたいし、本屋に行きたいし、本を読みたいし、温泉に入っていたい

・ギターをちゃんと弾けるようになりたい

・毎日おいしくお酒を飲みたい

・自分のキライな人と関わり合いたくない

・余裕をもって愛犬と散歩したい

・怒りながら、家族と接したくない

・家族には笑っていてほしいし、僕も笑っていたい

・常にネットに接続できる環境でいたい。ネット依存でもいいじゃない

・よろこんで仕事したい、仕事で関わる人にもよろこんでほしい

・目覚ましで起きたくない

・朝、日の出とともに起きたい。夜は日が入ったら、お酒を飲んでくつろぐだけにしたい

・行きたい!と思ったら、すぐにでも、どこにでも、行けるようになりたい

・やりたい!と思ったら、すぐにでも、どこででも、やれるようになりたい

・疲れて眠くなったら、いつでも眠れるような環境にいたい

・お金を稼ぐために、時給的な(時間を売るような)仕事をしたくない。
 ↑どうすればそうならないで済むのか、考える。考える。考える!

このメモに書いてあることは、今、ほとんどが実現しています。(全部じゃないけどね)

やっぱり「書く」って大切なんだと思います。

参考記事:「書くと実現する」は本当か

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね