「口先介入」で円が動くなら「口先ダイエット」で体重も動くはずだ

「口先介入」という言葉があります。

口先介入とは、為替相場の行き過ぎを是正し適切な為替水準に誘導することを目的として、通貨当局(日本銀行など)が為替市場に市場介入を行う姿勢を示唆することで、実際には介入せずに為替水準の誘導を図ること。

先日6/10に、日銀の黒田総裁が「これ以上の円安にはならない」と発言したことで、瞬時にドル-円が2円円高になりました。

6/5に1ドルが125円まで円安になったことを受けて「口先介入」をしたと思われますが、ドル-円チャートがグングンと下がっていくのをリアルタイムで見ていて、単純に「このオッサン、すげぇな」と僕は思いました。

実際に日銀が何かをしたということではなく、ただ単に黒田さんが「発言」をしただけです。
影響力のある言葉は、為替相場や株式相場まで大きく変化をさせてしまうパワーを持っている、と考えると、相場や経済は心理や感情で動いているんだなぁ、とつくづく思いました。

僕は先日6/12に、「本気でダイエットします宣言」をしました。
ブログで公表し、家族にも「父は今日からダイエットするので、よろしく」と宣言しました。

しかし、ブログにも家族にも、具体的なことは何も言っていません。
「何キロ減らす」とか、「お酒を減らす」、「炭水化物を減らす」、「毎日5km歩く」などの具体的目標を発表していません。
まさに「口先だけ」です。(食事制限をするつもり、とは書いてたか・・)

これは実験です。
「口先」だけで、目標も決めず、計画もせず、「ダイエットする」ことを強く意識するだけで、体重は減るのか?

僕は「減る」と思っています。

以前に「書くと実現する」は本当か?という記事を書きました。
人には、潜在意識に刷り込まれたことを実現させようとする力があり、自分の選択を正当化する習性があります。

ここ1年間くらい、ずっと太り続けていた間、「やせなきゃ」「運動しなきゃ」とは言っていましたが、「本気でダイエットします!」と宣言したことはありませんでした。
宣言すると、小心者の僕は、「少しは成果を出さなきゃ」と思うはずです。(たぶん・・)

「それができるくらいなら、そもそも太らないんじゃないの?」という意見はきっと正しいです。(^^;)

どうなるでしょうか。

まずは10日間様子を見てみます。楽しみにしていてください。(あ、もう5日も経ってるな・・)

「口先ダイエット」の効果を検証するに続きます。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. たしかに黒田のオッサン、すげえなって思いました。
    願わくば僕の毎月の投信買い付け日の19日まで円高基調で行ってほしいところです。
    その後は円安に戻してかまいませんが。。。

    言葉に出すとやる気が出るのはその通りだと思いますよ。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      FXで高レバレッジでドルを買っていた人の嘆きがスゴかったです。年収分がトケちゃった人もいたようです。コワイコワイ。