ジョギングができるように、体幹を鍛える

前回からの続きです。

ジョギングを始めるために準備していたことのもう一つは、「体幹を鍛える」ということです。

ダイエット2ヶ月目の目標は、「●お腹を凹ますための『筋トレ』を開始する」でした。

実を言うと「筋トレ」は2ヶ月目で始めていたのです。

でも、続きませんでした。たったの2日で挫折

腹筋・腕立て・背筋は、高校生の頃から「やらなきゃ」と思い続けていたことですが、継続できた試しがありません・・・。

「筋トレ」をすれば、単純に筋肉がつくし、体型もカッコよくなることは、わかっているのだけど続けられない。

これから何かのスポーツを始めるわけではないので、モチベーションの維持がむずかしく、かつ、地味な「筋トレ」が、僕はどうも苦手みたいです。

ここで、また、かん吉さんのブログ記事に触発されます。

マラソンで「体幹」の力が必要な理由

マラソンレースで良いタイムを出すために一番必要なのは、「良いランニングフォーム」です。
悪いフォームで練習を続けても、タイムは伸びず故障しやすいです。
良いランニングフォームを維持するためには、「体幹の力」が不可欠です。

そして、もう一つ。

以前にも紹介した「腹だけ痩せる技術」に書いてあった「即効で腹の形が変わる筋トレ」です。

この本で紹介されていたのは、「フロントブリッジ」(または「プランク」)でした。

plank

お腹を凹ますには、この体幹トレーニングが効くみたいです。

体幹トレーニングに関するさまざまな情報を集めて、「これなら自分でも続けられそう」という「体幹ポーズ」を探しました。

こうして探したのがあとの2つ。

この記事を読んで決めました。 ランニングにおすすめの体幹トレーニング 「フォーム崩れと疲労」の悪循環を改善 – スポーツナビDo

「サイド・プランク」

side_plank

「バックエクステンション」

back_extension

※画像を使ってゴメンなさい。問題あったら連絡ください。

1.「フロントブリッジ」を、30秒間×2セット
2.「サイド・プランク」を、左30秒間×1セット、右30秒間×1セット
3.「バックエクステンション」を、左1分間×1セット、右1分間×1セット

「合計4分間の6セットを毎日1回行う」

これを、9月の目標としました。

ただ、腹筋や腕立てのときみたいに、挫折しないような仕組みを作らないと、すぐやらなくなっちゃうので、スマホアプリの力を借りることにしました。

鍛えタイマー」というアプリです。
kitae_timer3

このアプリの良い所は、「どのトレーニングを」「何分(何秒)やるか、何セットやるか」を設定できる点です。

僕は上記の1~3のメニューを設定しています。

1日のメニューをこなすとスタンプがもらえるのが、地味にウレシイです。(^^)

kitae_timer2

9/5から始めて、今のところ1日しかサボっていません。何とか続いています。

1日たったの4分ですが、トレーニングすると、胸筋と腹筋とお尻の筋肉が、ピリっと張っていい感じです。

10/25に、山梨で行われるマラソン大会にエントリしました

まずは、10kmの完走を目指します。

次記事:八ヶ岳ロードレース10kmを走ってみたら、いろいろとよかった話

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 旅芸人 より:

    体幹コアトレーニング、いいですよね!僕もやってます。プランク、きついです。一人でやると、ほんと飽きちゃいますから、工夫が必要ですよね。「鍛えタイマー」面白そうです。僕は、音楽PVとかを流しながらやったりします( ^ω^ )

    • 正吉 より:

      旅芸人さん、コメントありがとうございます。
      僕の体幹トレーニングは、旅芸人に比べれば「なんちゃってトレーニング」なんですけどね。(^^;)
      「あぁ、今日はサボリたいなぁ」と思う日も、「鍛えタイマー」のボタンを無理やり押します。そうすると「スタンプもらうためにやらなきゃ!」と思えるから不思議です。(^^)