自分の人生を後悔しないで生きるのだ

前にもこんなこと書いた気がするなぁ、と過去記事を探していたら、今日山を歩きながら思ったことを書いてた記事があった。
再掲します。手抜きでゴメンなさい。
でも、コレが僕の生き方の原点です。

老後の不安はいつまでも続き、いつまでも不安である。

お金がなくなるのではないか?
ボケるのではないか?
子供に迷惑がかかるのではないか?

一番怖いのはお金がなくなることだと思う。

でも、お金がなくなると生きていけなくなるのだろうか?
そんなことは無いと思う。
年金だって現在よりは支給額が少なくなるとは思うけど、まったくなくなるわけではなく、少なくとも死なずに生きていくぐらいはもらえるはずだ。(生活保護的な意味で)

定年退職後に豊かに暮らすには年金含めて1億円ないとダメ、みたいなことが言われているけど、80歳を超えて豊かに暮らしたいだろうか?
国内旅行や海外旅行に行き、豪華な食事をして、モノに囲まれて生活したいだろうか?

否。

80歳を超えたら、身体は思うように動かず、豪華な食事よりは質素な食事をするだろうし、病気になって食べたいモノを食べられないかもしれない。

80歳を超えたら、「もういつ死んでもいいや」と思うのではないだろうか。
または、そうなっていたい、と僕は思うのだ。
「好きなように生きてきたんだし、運よく孫の顔でも見られたら万々歳です」という生き方をしたいのだ。

だから、老後のためのお金を貯めることに一所懸命になるのはヤメだ。
身体が大丈夫なら65歳を超えても働けるようにしておけばいいのだ。
働くというのは、お金のために働くということだけではなく、食べるものを作る、家族のために家事をする、ということも含めてだ。

僕は、動けないような病気になってしまったら治療などせずに、尊厳死させてもらいたい。
自分が病気になって自分が自分でなくなってしまったら、尊厳死を認めて欲しい。
家族に「殺してくれ」と言っているようなものだから、家族は辛くて出来ないだろうとは思う。
でも、それが僕の幸せなのだ。

僕は、わがままにやりたいように生きてきたし、これからもそうして生きて行きたい。

自分の人生を後悔しないで生きるのだ。

ただ、後悔があるとしたならば、
「こんなにわがままな自分に人生をつきあわせてしまった妻に申し訳なかった」
「こんなにわがままな自分の元に生まれ育った子供達に申し訳なかった」
ということだけだ。

でも、きっと家族は「大変だった」けど「不幸だった」とは感じないと思う(思いたい)。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. いい宣言ですね。
    僕も後悔は嫌いです。
    した後悔よりは、しなかった後悔のほうがずっと大きいと言います。
    何もしないであとでクドクドだけは最悪の人生ですから。
    僕の場合、子どもが居ないので、正吉さんよりは気楽なリタイアですが、自分なりに思い切ってやってみますよ。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      招き猫の右手さんも、いよいよですね。楽しみにしています。

  2. 山中 一人 より:

    >「好きなように生きてきたんだし、運よく孫の顔でも見られたら万々歳です」

    このフレーズいいですね。

    記事の内容超全面同意です。

  3. 青木 より:

    すばらしい記事の内容でした。

    • 正吉 より:

      青木さん、コメントありがとうございます。
      おほめいただき、ありがとうございます。(^^)