「もっと自由になりたい」って、自分の子供に言われたら

今日は仕事のことについて書こうと思ったのですが・・

長男くんと会話したことについて書きますね。

「しゃがみ込む」のも大事だもんねでは、長男くんが復活するかも?と書いたんだけど、ダメでした。

問題の根本は深いみたい・・。

で、今日、学校を休んだ長男くんといろいろ話しました。

会話の詳細は、オフレコです。

なんだけど、会話の中で

「もっと自由になりたい」

というフレーズが、彼から出てきました。

「『一流』って何?」

「いい会社とか、勝ち組とか、どうでもいい」

それに近い言葉も出てきました。

驚きました。

こういう考え方って遺伝するのかな?

「キミ、父のブログとか読んでないよね?」

思わず聞いてしまいました。(^^;)

長男くんは、しばらく学校に行かないかもしれません。

でも、僕は、「それはそれで良いのかも」と思っています。

面倒なことを何も考えずに流されていく人よりも、
深く考えずに走り続ける人よりも、

今ここで立ち止まって考えている彼を応援したいと思います。

これから、どうなるのかな?

また、気が向いたら報告するかも・・
あ、でも、これ以上彼のことをネタにしたくないから、これ以上は書かないかも。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね