子供に「自分の将来は暗い」と言われたら、どうアドバイスしますか?

前回、「もう書かないかも」と言っていたはずの長男くんネタです。(^^;)

心に傷を負った長男くんと話していたら、
「高校卒業して大学行けば楽しそうだけど、就職したら毎日がツラくなるでしょ」と言われました。

長男くんは、社会人になることに何の希望も持っていないようでした。

これは、父親である僕の責任かもしれません。

僕が会社でツラい思いをしていたのを、長男くんはずっと見ていたのかもしれない。

就職をしなくたって、普通に働かなくたって、幸せに生きている人はたくさんいます。

お金を少ししか稼げなくたって、働くことができなくたって、幸せに生きている人もたくさんいます。

高校を卒業しなくても、大学進学しなくても、会社や組織で働かなくても、生きる道なんていくらだってあります。

長男くんにも、次男くんにも、(僕自身の人生も含め)そういう例をたくさん見せてあげようと思う。

「お金が無い=不幸」

「お金が少ないと幸せに暮らせない」

「会社に勤めて、自分の時間を売らなければ、お金を稼げず、生活もできない」

そういった考え方を見直すべき時期に来ていることも、具体的にちゃんと伝えたい。

キミ達にとっての「楽しみ」ってなに?

キミ達にとっての「成功」ってなに?

キミ達にとっての「幸せ」ってなに?

他人の物差しでなく、自分の価値観で幸せと感じられればいくらでも幸せになれる、ってことをうまく伝えられると良いな、と思います。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね