以前に『会社を辞めてもウツは治らない』と書いたけど

読者様からメールで質問をいただきました。

「以前に『会社を辞めてもウツは治らない』と書いていらっしゃいましたが、その後はいかがですか?

今、抗鬱薬はどのくらい飲んでいるのですか?」

という質問でした。

確かにその記事を書いていました。

今までを振り返ってみると、完治はしないようなので、一生付き合っていくしかないかなぁ、と思っています。

わかっていたことではありますが、会社を辞めてもウツは治らないようです。

会社を辞めてもウツは治らない
ここ数日ブログの更新が滞っていました。 あまり調子がよくありません。 昨晩、少し持ち直しましたが、今朝になったらまたダメになっちゃいました。 プロフィールや、別のサイトにも書いていますが、僕はウツ持ちです。 正確に書くと、お医者さん...

この記事を書いたのは2015年2月。

7年前に会社を正式に退職したすぐ後でした。

この後のことをちゃんと書いていなかったので質問にお答えするカタチで書いておきます。

2015年は、まだ心療内科に通っていました。

薬もまだもらっていたと思います。でも、あまり飲まなくなっていました。

1年後の2016年には、心療内科に通わなくても大丈夫になりました。

躁鬱の気は残っていましたが、大きく落ち込むことが少なくなりました。

それから現在まで、心療内科には行っていません。

冬の寒い時期になると「ズーン」と落ち込むことは未だにあります。

どうも冬季ウツだったらしい
またまた久々の更新になってしまった。 どうやら僕は冬季ウツだったようだ。(今も?) ■ 2017年の2月に、こんな記事を書いていた。 どうも僕は2月がダメみたいだ。 ・もうすぐ冬が終わりそうなんだけど、なかなか終わらない。 ...

でも、何日も寝込むようなことは無くなりました。

僕の双極性障害は比較的軽かったのだと思います。

それに加えて良かったのは、会社を辞めてからは「いつでも寝られる」「好きなだけ寝られる」生活になったことです。

会社員時代は、トラブルコールが深夜に来たりしていました。

トラブルの不安や仕事の心配で眠れないこともありました。

それでも、朝になればいつもの時間に起きて出勤しなければいけません。

さらにその日に徹夜しなければいけなくなったりで…、もうメチャクチャ…。(泣)

「いつでも寝られる」「好きなだけ寝られる」と、睡眠に対する心配がほぼ無くなります。

夜眠れなくても、(次の日に昼寝すればいいや)と思えるからです。

これが僕の精神状態をとても良くしてくれたのだと思います。

やっぱり睡眠は一番大事です。要です。(^^)

そんなワケでここ数年、僕のウツ状態はとても落ち着いています。

(会社を辞めてもウツは治らないんだ…)と思われてしまうと良くないので、僕の場合について書きました。

Mさん、質問ありがとうございました。<(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
#早期退職

コメント

タイトルとURLをコピーしました