いろいろな「ロス」がありまして(その2)

前回の記事「いろいろな「ロス」がありまして」の続きです。

ギターライヴが終わりました

2018年夏の近況の記事で、人前でギターを弾くことになったことを書きました。

その友達の一人に「正吉くん、一人でギターを弾いてお客さんに観てもらう、って企画があるんだけどやってみない?」とお誘いをいただきました。

こういう機会でもないと僕はギターを真剣に練習しないので、「やる!」と返事してしまいました。

持ち時間は15分なので、3曲弾くことを決めて練習をすることにしました。

今は、10月初めに行われるその企画に向けて、僕にしては珍しく日々ストイックにギターの練習をしています。(^^;)

10月初めに小さなライヴハウスで、独りでギターを弾いてきました。

ものすごく緊張してしまって、70%くらいの出来だったけど、いろんな人が褒めてくれました。(^^)

その演奏がキッカケで、話したことのない人とも話すことができて、少しだけ音楽仲間が増えました。

(やってみてよかったな)と思いました。

でも、これまた、その演奏会が終わったら気が抜けてしまい、個人的に「フヌケ」になってしまいました。

満足感もあったんだけど、脱力感もものすごくて、自分の部屋から外の景色を眺めボーっとしてしまうのでした。

仕事も一区切りがつきました

上記の2018年夏の近況の記事では、新しいお仕事のことについても書いていました。

これが理想の状態なのかも知れないの記事にも書いたんだけど、生まれて初めて自分の仕事のための営業をして、仕事をいただけて、その仕事を完結しました。

この期間もかなり充実していたんだけど、そのお仕事が終わった後に、その会社の方から「実はもう1つ会社を立ち上げることになったんです」というお話がありました。

「つきましては、その会社のホームページ作成も正吉さんにお願いしようかと」というウレシイ提案をいただいて、企画を始めました。

結局、7月の終わりから3か月間、僕はWEBサイト作成のお仕事をしていました。

スケジュールはキツくないし、基本的には午前中の3、4時間だけ仕事をしていたので、忙しいとかツライとかはありませんでした。

むしろ、この2つのお仕事は楽しんでやっていました。

朝起きると、(よーし、昨日考えていたアレを今日はこうしてあーしてやるぞぉ・・)なんて感じで、張りのある日々を過ごしていました。

そのお仕事も先日完了しました。

とても感謝してもらったし、僕自身も(なかなか良い仕事が出来たんじゃないかな)と自負しておるのだけど、やっぱり完結してしまうと気が抜けちゃって、「フヌケ」になってしまい、ボーっと外を見つめてしまうのでした。

以上、9月の後半から10月半ばの今まで、これらの「ロス」が続いて、気持ちが上下していました。

落ち込んでいるわけではないんだけど、気持ちが張ったり緩んだりの落差が激しかったので、基本的にはボーっとしております。

やらなきゃいけないことも いろいろあるんだけど、緊急じゃないことはやらないでもいっかぁ、って感じで過ごしてる。

この夏は「走り続けた」とまでは言わないけど、「ずっと早足で歩き続けた感」はあるので、秋になった今、喪失感にドップリと浸かって、一週間くらいベッドに潜り込んでいようかなぁ、という気持ちもある。

明日になったら、また新しいことを始めているかも知れないけど・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね