タイ旅行記12日目(2018/1/21 ジョムティエンビーチからバンコク市内へ)

パタヤ最終日である。

悲しい。

ツラい。

もっといたい。。。

ビーチと別れがたくて、朝の散歩を3時間もしてしまった。。。

泣く泣く、パタヤに別れを告げ、ホテルをチェックアウトしてバス乗り場に向かう。

観光のハイシーズンなので、11時発のバスが2台準備されていた。

パタヤからスワンナプーム空港までは、1時間40分で着いた。

今日はバンコクに泊まって、明日の午前中の便で日本に帰る。

でも、バンコクでの行動を何も決めていなかった。

何となく「ワット・ポー寺院は見ておきたいな」と思ったので、そこに比較的近い「パヤタイ」という街に向かった。

パヤタイには、スワンナプーム空港から電車で行ける。

券売機

時刻表

電車乗り場

パヤタイ駅に着いたけど、クルマが多くて、人も多い。何だかとてもゴチャゴチャしていて、やる気を無くす。。。

(あぁ、パタヤが最高だったな)と思う。これが「パタヤ病」なのか…。

暑いのでカフェに入って、今晩のホテルを探す。

決めたのはパヤタイ駅に近いこのホテル。

top-high-airport-link-hotel(トップハイエアポートリンクホテル)

インド人経営のとてもキレイなホテルだった。

屋上にはプールがある。

駅からホテルまで行くのにちょっと迷ったけど、いいホテルだ。

チェックインしてすぐに「キングパワー」というショッピングモールに行った。

キングパワー コンプレックス 免税店[King Power Duty Free Complex] | バンコクナビ

外国人観光客用のちょっと高級なお土産屋さん。中国人でいっぱい。

勝手に2週間も旅行に出てしまったので、妻にはちょっとお高いお土産でご機嫌をとりたかった。(^^;)

狙ってたのはコレ。

「HARNN(ハーン)」という化粧品(ホームスパ)メーカーらしい。

お目当ての品を見つけた。

でも、妻にLineで連絡したら「そんなに高いならいらない。リップクリームで十分だよ」と言ってくれた。

できた妻だなぁ、本当に。

お土産屋で時間を取ってしまった。

急がないと、ワット・ポー寺院が閉まってしまう。

キングパワーの出口でトゥクトゥクを見つけたので値段交渉。

(200バーツくらいかな)と思っていたら、「500バーツ」と言われたので、他のタクシーの所に行く。

すると、その運ちゃんが追いかけてきて、

「いくらなら良いんだ?」と言うので、
「200バーツ」と答えたら、
「ワットポーは遠いんだぞ、チップ込みで400バーツならどうだ?」
「ヤダ。 200バーツ」
「じゃ、チップ込みで300バーツ」
(うーん)と思ったけど、時間が無いので、交渉成立。

ホコリっぽい街をトゥクトゥクで走る。

確かにワットポーに行くには時間がかかった。

あちこち渋滞しまくりだった。

荒っぽい運転だったけど、小道に入ったりして渋滞を回避してくれていたので、トゥクトゥクで正解だったかも知れない。

ワット・ポーは行ってみて良かった。

心が洗われた。

日が暮れてきた。

(ホテルまで、またトゥクトゥクで帰るかなぁ)なんて思いつつ、通りを歩いていたら、バスがやって来た。

方向的にはホテルの方に行きそうだったので、つい、エイヤと乗ってしまった。

GoogleMapでチェックしたら、方向が合っていたので、安心して街の様子を眺めていた。

でも、しばらく右折左折を繰り返した後、やたらスピードを上げ始めたので、心配になってGoogleMapを見たら、全く反対方向に走っている!ヤバイ!

でも、降り方もわからないし、やたらスピード出てるし、中途半端に降りると更にハマりそうだったので、大勢がバスを降りた所で一緒に降りた。

電車の駅がありそうな方に歩いてみる。

30分ほどよくわからない道を歩いて、ようやく駅に着いた。

電車を乗り継いで2時間近くかかって、ホテルに到着。

疲れた・・・。

外にゴハンを食べに行く元気も無く、ホテルのレストランで食事した。

明日は帰国だなぁ。

今日の歩数:25,300歩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね