タイ旅行記13日目最終日(2018/1/22 バンコクから帰国)

タイ旅行最終日。(泣)

朝起きてすぐにドンムアン空港に行かなければならない。

昨日の予定では、
ホテルからパヤタイ駅まで歩いて(約5分)、そこから電車に乗ってスワンナプーム空港まで行って、無料シャトルバスでドンムアン空港に行く、だった。

こうすると45バーツ(約160円)で移動が出来るのでリーズナブルなお値段。

でも、スワンナプーム空港からドンムアン空港までの渋滞が心配だったのと、地図を見るとかなりの遠回りになることがわかった。

バス移動も考えたけど、昨日のバス乗り間違えでちょっと不安を感じた。

ホテルのフロントで聞いてみたら、「ホテルのクルマで行けばいいよ。300バーツ(約1,000円)で行ってあげるよ」と言われた。

時間も1時間くらいだと言うから、そっちの方がコスパが良い。

というわけで、ホテルのクルマで送ってもらうことにした。

高速道路からオレンジ色の朝陽を眺めていたら、何だか悲しくなってきてしまった。

(もう少し、あともう少しだけ、この暖かくて(暑くて)、ゆるい雰囲気の国にいたかったな・・)と思った。

渋滞はほとんど無く、あっけなくドンムアン空港に着いてしまった。

2019/1 タイ-ドンムアン空港でのエアアジアの機内持ち込み手荷物の重量チェックとカウンターチェックインを回避した

上記の記事に書いたけど、素早くチェックインが出来てしまったので、時間ができた。

ドンムアン空港でお土産を物色することにした。

でも、いつも、東南アジアのお土産って何を買えば良いかわからないんだよな。。。

ドライフルーツとか好きじゃないし・・。

ネットでいろいろ検索していたら、「薬局でお土産を買うといいぞ」という情報を得た。

バンコク・ドンムアン空港のお土産情報【2018年】|サクのバンコク生活日記

ドンムアン空港(出国審査後)には、「Boots」というドラッグストアがあって、ここでお土産を買うことにした。

マンゴスチン石けんや、マダムヘンの石けん、ヤードム(メンタムみたいなスーっとするリップクリームみたいなやつ)を買った。

あまりお土産っぽくはないけど、とてもリーズナブルなお値段で買えるのでオススメ。

朝食を食べて、飛行機に乗り込む。

タイとはこれでお別れ。

絶対また来るぞ。

成田には20時定刻に着いた。

寒い。

寒くて、悲しくて、泣きそうだ。

【タイ旅行総括】

パタヤという街がとても気に入った。

こんなに安価で過ごせて、機動力が高く、国際的で、楽しい街は珍しいんじゃないだろうか。

街はゴミゴミしてるけど、少し離れた場所に宿を取れば、静かに穏やかに過ごすこともできる。

パタヤは、僕の避寒・避粉の候補値として、トップに昇ってきた。

参考記事:第二の人生計画を練ろう -「避寒・避粉の生活」-

これからもパタヤに通おうと思う。(^^)

バンコクパタヤ旅行記を最後まで読んでくださって、ありがとうございました。<(_ _)>
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね