家計の支出を少なくするための禁煙(4)

喫煙のデメリットを考える

・お金がもったいない
(月1万5千円、年18万円、タバコの値段は上がるから10年で200万円以上、20年で500万以上)

・家族の健康に害がある

・息子達に悪い影響がある

・自分の健康に害がある

・胃腸の調子が悪い

・息がくさい

・指がくさい

・部屋の中がタバコの灰で汚れる

・部屋の中がくさい

・クルマの中がくさい

・息が切れる

・セキが止まらない

・変な色のタンが出る

・肺に違和感を感じる

・「健康第一」の目標に説得力が無い

・スポーティな生活を送れない

・タバコを買いに行くのが面倒くさい

・タバコのストックを常に心配するのがイヤ

・灰皿や喫煙所を探し回るのが面倒くさい

(続きます)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ひで より:

    正吉様「ひで」です。お早うございます。
    私事で恐縮ですが、タバコをやめるについて一言。
    私は「禁煙します」と大上段に構えると、一度でも吸うと「決心も貫けない根性なし」になって、自分がふがいなく思うのでその方法はとりません。
    あくまで「タバコをやめる」です。一本吸ってもそれから引き続き「タバコをやめる」状態が続きます。
    飲み会などで皆が面白半分でタバコを勧めてきて困ります。でも私は「禁煙してないんで」タバコを素直に頂きます。これが「もらいタバコはオッケー」の正体です。
    かたくなに拒否するのも場がしらけるので「ありがとう」と言ってもらいます。周りはびっくりしますが、その後はタバコを勧めてくる人はいません。
    それくらい回りに気を使っている自分もいやになりますが(だから早く仕事をやめたい)
    禁煙という言葉は結構重圧です。いつでもすえるけど吸わないだけというのはプレッシャーもなく気が楽です。

    • 正吉 より:

      う~ん、なるほど。
      ひでさんは、きっと僕よりも意思が強いんだと思います。
      僕は1本吸っちゃったら、全てがゼロになっちゃうと思ってしまうんです。
      そんで「もう1本も1000本も一緒だぁ!」なんて感じで元に戻っちゃうんです。やっかいな性質なんです。なので完全禁煙を目指します。。。本当にやめられるのかな?