禁煙とは「吸いたい欲求と睡魔との戦い」である -家計の支出を少なくするための禁煙(11) –

僕はMなのかもしれない。

どうして禁煙なんてしようと考えたんだろう?

タバコを吸うことは、僕の数少ない楽しみの一つじゃないか。

うつ状態が続くこんな状況で、どうして楽しみを自分から奪うことを思いついたのか?

お金のムダだから?」

いいじゃんか。ムダだって。人が生きること自体がムダなんだから。

自分で稼いだお金を自分のためにムダに使って何が悪いのだ。

禁煙を始めてからというもの 眠くて仕方ない。

正月で間延びしたテレビ番組ばかりやっているから さらに眠くてしょうがない。

昼間からお酒を飲んでいるから、さらに眠くてコタツで寝ちゃったじゃないか。

なんとかしたい。

「深呼吸するとよいです」
「ガムをかむとよいです」
「氷を食べるとよいです」
「飴をなめるとよいです」
「散歩をするとよいです」
「水を飲むとよいです」

もう全部やってます。

でも、全然ダメです。気が狂いそうです。

わぁー

(続きます)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね