「自由」と「うれしい」が無くなっていく仕事に未来はあるのかな?

(前回からの続きです)

好きなこと、得意なこと、楽しいこと、かどうかは 仕事をやってみないとわからない。
でも、とりあえず、僕は就職して仕事を始めました。

「これで自立して自分の力で生きていける」ことがうれしかったのを覚えています。
(正直に言うと、「自分で使うお金を、自分で稼いで、自分の好きなように使える」ということだけがうれしかったような気はしますが・・。)

と同時に、「これからずっと仕事を続けるレールに乗っちゃったか・・」と思って、イヤ~な気持ちになったのも覚えています。

なぜイヤ~な気持ちになったかと言えば、未来の「自由」を奪われた、と思ったからです。

そして今、
「もう会社の仕事はイヤだ」「会社では働きたくない」「会社では生きづらい」と、考えています。

なぜかと言えば、就職したときと同じく、「自由」を奪われているからだと思います。

「生きていくためのお金をもらって仕事をしているのだから、ある程度の自由が無くなるのは仕方が無いのかもしれない。でも、最近の自由の無さは異常なんじゃないの?」

自由」とは、言い換えれば「選択肢があること」だと思います。

会社員・サラリーマンでいることがイヤなのは、選択肢が無くなるからであり、

今、僕が生きづらいと思っているのは、選択肢が無くなって今の会社の仕事にしがみつくしかない

と考え始めているからだと思うのです。

そしてもう一つ。

会社の仕事がイヤになってしまったのは、

「うれしい」ことが少なくなったからだと思うのです。

好きなこと、楽しいこと、得意なこと、お金がもらえること、を仕事にすれば、自分が喜びます。「うれしい」です。

でも仕事をしていて、「うれしい」と感じるのは、自分が喜んでいるときだけではなく、相手の人を喜ばせたときも「うれしい」と感じるのです。

「よくやってくれたなぁ」
「うわぁ、ありがとう」
「助かっちゃったよ」

こんな相手の「うれしい」を感じると自分も「うれしい」です。

この種類の「うれしい」が少なくなってきています。

「リストラ」「グローバル対応」「コスト経費削減」「内部統制」・・

会社で仕事をしている人の「生きづらさ」は どんどん大きくなってきています。
会社がやらなければならない「人の管理」も どんどん厳しくなってきています。

皆に余裕が無くなってきています。
「うれしい」なんて言ってられません。

そして、仕事がつまらなくなってしまっていると思うのです。

「自分で仕事(=働き方)を変えなければならない。」

そう感じています。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね