トラベラーズチェックはもう全然使えない

今から20年前の1995年、僕が南部アフリカに住むことになった時に「トラベラーズチェック」(以下TC)でお金を持って行きました。

「トラベラーズチェックとは?」

トラベラーズチェック(英語:traveler’s cheque / traveller’s check)とは、旅行や出張など海外渡航の際に、多額の現金を持ち歩かなくても済むように発行される外国旅行者向けの小切手。日本では旅行小切手(りょこうこぎって)ともいう。略してTCまたはT/Cということもあるが、日本国外では “T/C” という表現はあまり使われず、”TC” または “Cheque” が一般的な表現である。20世紀末頃まではよく使われていたが、日本国内では2014年3月31日を持って全ての販売が終了した。

海外渡航中の現金の盗難・亡失といったリスクを回避する手段として、T/C発行元の保証により紛失時に再発行可能な小切手として用いられるものである。基本的に渡航前に所要金額分のT/Cを購入し、行先国で銀行や両替商、ホテルのフロント・キャッシャーにおいて額面の現金へ換金する。所定の手続を踏んでおけば紛失や盗難などの亡失時にリファンド(refund, 再発行)が受けられるのが最大の特徴である。

 
その時に使わなかったUSドルのTCがあって、海外旅行の際にはいつも持って行くようにしていました。
が、
前回のマレーシア、インドネシア旅行の時もそうだったのですが、このTCが全然使えないのです。。。

首都のクアラルンプールの両替所でも使えない、インドネシアの両替所でも使えないし、銀行でも使えない。
一流ホテルとかなら使えるのかもしれないけど、そんなところには泊まらないので結局使えない。

今回はカンボジア旅で、カンボジアでは流通しているのがUS$なので、期待していました。
しかし、、、やっぱり使えない。。
世界的な観光地のアンコールワットのチケット売り場でも使えない、両替所でも使えない、銀行でも使えない。

少し調べてみたら、もうTCは過去の遺物なのですね。

「AMEX トラベラーズ・チェック(T/C)販売終了のお知らせ」

国内ではT/C販売を既にやめています。世界各国でも、TCが使える場所がどんどん消えているようです。

もう使える場所が限られるのであれば、換金や両替をして、スッキリしたい気持ちになってきました。国内で換金・両替をしようと思います。

調べてみると、AMEXのTCは ゆうちょ銀行でも買取してくれるみたいですが、僕の持っているStandarad Chartered Bank発行のTCはダメっぽいです。

いろいろと調べてみて、また報告しますね。

2015/5/27追記:トラベラーズチェック(T/C)を全部両替してやったに続く。

   
   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. そういえばTCって20代の頃に何度か使いましたが、それ以降全く使っていませんでした。
    もう使えなくなっているのですか。
    カードが使えるところが増えたからかな。。。
    一流ホテルに泊まることはなくても、そのカウンターだけ入ってそこで両替ってしてもらえないんですかね、宿泊者じゃないとダメなのかな。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      クレジットカードに移行したからですね、きっと。
      少なくとも東南アジアではほとんど使えないことを確認しました。銀行での交換が難しくなる前に現金化しておこうと思いました。
      航空運賃と宿代はネットでクレジット決済、現金は少額を両替して足りない分はATMを使う、という感じですかね。