会社と保険をやめて死んでしまったら、家族はいくらもらえるのだろう?

保険を見直すにあたって、
僕が会社を辞めて健康保険から国民健康保険に変えて、現在加入している生命保険と医療保険をやめた場合のことを考えてみようと思います。

もしもこの状態で、僕が死んでしまったら、家族はいくらもらえるのでしょうか?

僕は、厚生年金に25年間加入していますので、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」がもらえます。
※公的年金の受給資格の25年を満たしていない場合、遺族厚生年金は受給できません。

それぞれの金額がいくらになるか調べてみます。

遺族基礎年金(受給要件・支給開始時期・計算方法) | 日本年金機構

「遺族基礎年金」は分かりやすいです。

僕には妻と中学生の息子が2人いますので、

772,800円+(222,400円×2)=1,217,600円 がもらえます。(子供は18歳まで)

遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法) | 日本年金機構

「遺族厚生年金」は分かりにくいですね。どしてこんなに複雑なんでしょう?

計算してみましたが全く自信がなかったので、調べてみたら下記のサイトを見つけました。

「遺族年金早見表一覧」

平均標準報酬月額が45万円と仮定して、妻と子2人で、年間 731,050円がもらえます。(子供は18歳まで)

ざっくり書くと

・3年後  長男18歳まで 約200万円
・5年後  次男18歳まで 約175万円
・6年後以降 妻の年金支給開始まで 約73万円

を家族が毎年もらえる計算になります。

僕は、厚生年金に20年以上加入しているので、もう一つ「おまけ」が付きます。

次回は、「おまけ」の「中高齢寡婦加算」について書きます。

(続きます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. prire より:

    遺族年金については考えた事も無かったですが、やっぱり少ないですね。
    いつ何があるか分かりませんから、残された家族が困らないように少しでも多くの資産を残してあげるようにしたいこところです。
    もちろん、生きている事が最も家族孝行なんですけどね。

    • 正吉 より:

      prireさん
      このお金だけではやっていけないですね。
      じゃあ、あとどのくらい保障が必要なのか、というところで初めて保険が出てくるべきなのですが、今までの僕は前提が保険だったんです。順番が逆だったんですよね~。\(_ _ )