楽をしてはいけないところで楽をしていると楽になれない

「お金が足りないから、会社を辞められない」

こう考えている方は多いと思います。

会社を辞められない→楽になれない

楽になりたければ、楽をしてはいけないところで楽をしてはいけないんじゃないか、と思いました。

過去の自分への反省も含めて、書いてみました。

●空いた時間にテレビを見ている
(ドラマやバラエティ番組のことにやたら詳しい)

●休日はパチンコをしてる

●自分でできることにもお金を払ってサービスを買っている

●外食や買い食が多い

●いつも近くのコンビニで買い物をしている

●携帯電話(docomo)を高いプランのまま使っている

●高額なネット回線を今までどおりに使っている

●たいして読まない新聞を取り続けている

●NHKの受信料を払うことに疑問を持たない

●生命保険・医療保険を見直さない

●確定申告をしない(控除のことを知らない・調べない)

●税金や社会保障費に無頓着(知らない・調べない)

●長い期間の住宅ローンを組んでいる

●ほとんど乗らないクルマを所持している

●高額のものをローンやリボ払いで買う

●一発逆転を狙って宝くじを毎回買っている

●ストレス解消に多額のお金をかけている

1時間かけて調べて行動して改善すれば、10時間分の労働をしないで済むかもしれません。

1日かけて、調べて行動して改善すれば、1か月分の給料が必要無くなるかもしれません。

使っていたお金が減って、貯金と資産が増えていけば、楽になります。

会社に勤めなくても済むようになれば、もっと楽になります。

必要なお金がゼロに近づけば、もっともっと楽になるはずです。

そこを目指します。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. やった、僕、ほとんど該当なしですw
    こういうところで細々とやってきたから今ラクをしているのかな、なんて思いました。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      何が「ラク」かは、人それぞれなので、あまり共感はしてもらえないかも、とは思ったのですが。。。
      自分をラクにしてあげるために、ちゃんといろいろ考えてあげたいです。(^^)