「雇われない働き方」<「コントロールできる働き方」

前回の記事「悩んでおります・・」の記事で、

僕が個人事業主になって、その会社と契約すれば雇用関係にはならない

と書きました。

こうすれば、一見、僕の目指している「雇われない働き方」で仕事できるから、万々歳のように思えるのですが、よく考えると会社員やサラリーマンとあまり変わりません。

契約内容にもよりますが、僕が自分の仕事をコントロールできなければ、僕の目指す働き方にはならないのです。

●自分のやりたい仕事内容を決められる

●一緒に仕事をする人を決められる

●月に何日働くか、1日何時間働くかを決められる

●無理な納期は自分の決断で回避できる

全ての理想を叶えられる仕事は無いのかもしれませんが、安易な妥協はしたくありません。

契約内容を確認してみよう。

契約はしないことにしましたに続きます。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 運まかせ より:

    正吉さんが元請けになって受けた仕事を誰かに2次下請けに出してマージンだけ受け取ればいいのではないでしょうか?

    • 正吉 より:

      運まかせさん、コメントありがとうございます。
      わはは。それはいいですね。(^^)
      でも下請けになってくれる人がいないな。(^^;)

  2. ゴン太 より:

    正吉さん、お疲れ様です。
    なかなか良い話ではないでしょうか?
    あくまでも僕の考えですが、取引は完全フィフティだと思うので仕事をくれる人も
    出す人も全て平等だと思っています。

    ですから仕事を頂くとか、へりくだる事も無く、してあげると言う考えも無いフラットな関係が保てる状態であり、自分の環境が保てるのであればやるのも一つではないかと・・しかし、自分の精神状態に負担がかかりそうであれば引くのが正解かと・・
    あいまいですみません。でも正吉さんの深層に答えは出てると思うので、後はあみだくじで決めてください。(^^)/  ではお互い好い加減に頑張りましょうね~

    • 正吉 より:

      ゴン太さん、コメントありがとうございます。
      あみだくじ。。。(笑)
      そうなんですよね。迷っている時点で答えは出ているのかもしれません。
      またちゃんと書きます。