契約はしないことにしました

ここ数日、「悩んでおります・・」の記事で書いた会社と契約をして働くかどうかを考えていました。

「その会社と契約をすると、自分の仕事をどのくらいコントロールできるか?」

●自分のやりたい仕事内容を決められるか?

→当然ながらコレはほとんどできません。好きな仕事内容ではありますが。

●一緒に仕事をしたい人を決められるか?

→コレも決められない。でも、一緒に働くことになるのはしっかりした青年。

●月に何日働くか、1日何時間働くかを決められるか?

→少なくとも週3日は通勤して会社で作業する必要が有りそう。

●無理な納期は自分の決断で回避できるか?

→納期は決まっているが余裕はありそう。が、関連業者の質によっては納期がタイトになる可能性有。

「よっしゃ、やったるか!」という気持ちと「もうちょっと、ゆっくりしたい・・」という気持ちに、こんなことを書きました。

「この余裕のある(自由な)生活を手放したくない」という気持ちが大きいんです。

甘えていて、世の中をなめているようなこの気持ちですが、

「そもそも、自分は何のために会社を辞めたのか?」
「自分はこれから、どう生きていこうとしているのか?」
を考えたとき、自分にとっては、この正直な気持ちがとても大事であることに気づきました

せっかく会社を辞めてまで手に入れた自由です。

「自分の正直で大切な気持ちを尊重できないんじゃ、意味ないじゃん」

という結論に達しました。

契約はしないことを、今日伝えようと思います。

ちょっと「もったいないな」という気持ちもあるけどね。

「通勤というムダ」を避けたかったに続きます。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね