「50代早期退職の現実味」という記事を読んだ

■平均寿命よりも「健康寿命」を意識せよ

退職後の人生をデザインする時、忘れてはならないのが「健康寿命」だ。健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態が幕を閉じる平均年齢で、日本の場合、男性が約71歳、女性が約74歳。平均寿命に至るまでの時間は、介護など人の助けが必要になる可能性が高い。

これら人生のステージを棒グラフで見てみよう。65歳まで働いたとしよう。年金を受け取りながらセカンドライフを満喫できる期間は男性6年、女性9年だ。これは平均なので、もっと長期間、楽しい年金生活を送れるかもしれない。だが、もっと短い可能性もある。

意外に短い「健康寿命」 50代早期退職の現実味 :日経

 
「平均寿命よりも『健康寿命』を意識せよ」という言葉には賛同する。

「65歳まで会社に勤めたとしても、平均寿命が85歳なんだから、20年間は悠々自適な生活が送れる」みたいなことがタマに書かれてたりするけど、その20年で旅行や運動ができるとは限らないし、会社を辞めた途端ボケちゃうことだってある。

僕は今48歳だけど、視力や記憶力、体力や気力の衰えを既に感じ始めている。20年後に楽しい海外旅行ができるか?と思うと少しアヤシイ感じがするし、20年後に積極的に何かを始めて自適な生活を送れる自信はあまりない。

「退職後の家計は未知の世界」とも書いてあるけど、定年退職後の自分の健康や気力の方がよっぽど未知の世界だ

この記事の2ページ目に「(早期退職するのに)いくらあれば大丈夫?」というお決まりの言葉があって、

高齢者世帯の9割は年500万円以下で暮らしている。平均貯蓄額は2200万円。貯蓄が4700万円あれば5年早く辞められるかも?

なんて書かれている。

気休めとして、平均寿命や平均健康寿命を参考にするのは別に良いと思うんだけど、「平均から見て、いくらあれば大丈夫」とか「平均でいくら必要?」とかってのは、もうやめた方が良いと思う。

多様な価値観と考え方がある中で、「いくらあれば大丈夫です」なんて誰にも言えないんだから。

そもそも、早期退職なんて平均から外れることをしようとしているんだから、平均なんて見たって仕方ないし、自分の価値観で自分で計算して自分で決断するしかないんじゃないかな。

いろいろな事情があって退職を先に延ばす必要があるのかもしれないし、「もっと会社で働きたい」と思う人もいるのかもしれないけれど、あまり楽しみを先延ばししない方がいいんじゃないかなぁ。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 全くそうですね、健康寿命が保障されているわけでもないのに、いつまで働けません。
    資金が足りないならしょうがないけど、ある程度見通しが立つなら早めに辞めたほうがいいと思います。
    仕事が三度のメシより好き、という人は別ですけどね。
    僕はそこまで仕事が好きじゃないので、さっさとリタイアすることにしました。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      「いつやるか」のタイミングが難しいですね。
      「ある程度の見通し」が人によって分かれるところなのでしょうね。

  2. けんたろう より:

    お久しぶりです。

    「健康寿命」と言う概念をもっと浸透させるべきです。
    私の早退も「健康寿命」から逆算しての決断です。
    男性は平均して60台後半から 通院⇒介護⇒入院⇒死 となります。

    平均寿命は人生語る上で意味無いです。

    • 正吉 より:

      けんたろうさん、おひさです、コメントありがとうございます。
      「健康寿命」は、普段あまり意識しませんからね。自分の両親や叔父叔母を見るといろいろ気づいたりします。
      今コレを書いていて思ったのですけど、「自分の大好物」を「先に食べるか」「最後に食べるか」にも似ているなと思いました。
      僕は「先に食べる」派です。楽しみに取っておいたのになくなっちゃった、というリスクを避けるためです、(^^)

  3. 異邦人 より:

    こんにちは
    私も45歳でリタイヤして今年で5年目になりますが、男の健康年齢は70歳位らしいので、50歳だと元気で要られるのも後20年程ですね。

    私の場合、何処かで40歳年収≒生涯賃金(40年分)平均値という指標を見て、残り20年分の食い扶持を確保できた時点でリタイヤしましたが、贅沢すればきりがないし、本当生活費の目安なんて人それぞれ、自分が納できる材料があれば良いだけの気がします。何があっても自己責任ですしね。

    年金支給間での間は、海外ロングステイで行ったり来たりしてますが、動けるうちに色々見て回って楽しんでおこうと思います。

    健康にまさる宝無しですので、正吉さんもご自愛の程を。

    • 正吉 より:

      異邦人さん、コメントありがとうございます。
      海外ロングステイなさっているんですね。うらやましいです。(^^)
      それこそ、健康でなければできませんね。
      「健康にまさる宝無し」そうですね。自重します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*