子供を一人育てるのに3000万円?

家計費を削減するにあたって、「養育費」「教育費」も住宅や保険と並んで大きな費用になるので方針を考えなければなりません。

僕には2人の息子がいます。彼らは中学1年生と中学3年生です。2人とも大学進学をするとなると、これからかなりの教育費が必要になります。逆に言うと「養育費と教育費が必要なければ僕はとっくに会社を辞めていた」とも言えるくらいです。

まず、子供一人を育てるのにどのくらいお金がかかっているのかを調べてみます。

「子どもを1人育てるのに3000万円!?」

「AIU現代子育て考」(2005年)によると、出産費用も含めて22年間での養育費はトータルで約1,640万円。その内訳は、出産・育児費約91万円、22年間の子どもの食費約671万円、22年間の子どもの衣料費約141万円、22年間の子どもの医療費・理美容費約193万円、22年間のおこづかい・レジャー費約469万円、22年間の子どもの私的所有物代約93万円。この養育費に幼稚園から大学までオール公立の場合の教育費1,000万円をプラスすると、2,640万円、オール私立の場合なら教育費として2,000万円をプラスして3,640万円となります。子ども1人を育てるのに住宅が1軒買えるほどの金額になるとは驚きですね。

 
資料が2005年で古いことと、金額計算があまりにザックリしているので、「ホントかよ」と思ってしまいます。

内閣府が2009年に行った調査結果も見てみます。

「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 全体版(PDF)」
「調査結果」

第一子の子育て費用は平均で、0歳児で93万円、中学3年生(15歳)で161万円かかっています。

この数値は平均値であって、中央値がわからないので何とも言えませんが、子供が生まれてから中学を卒業するまでの15年間に、合計で「約1,900万円」もかかっていることになります。

この後、高校に行き、入学金と授業料(場合によっては一人暮らしの生活費)が多大な大学生になり、順調にいけば7年間で卒業し、自立するまでのお金を考えると、「子どもを1人育てるのに3000万円」というのは妥当な数字に思えてくるし、それ以上かかってもおかしくないと思えてきます。

ただし、住居費や保険と同じく、子育て費用も方針や考え方によって大きく変わります。

例えば、我が家では「学習塾には通わせない」方針です。もし、成績が落ちたら家での勉強時間を増やすようにします。

習い事は、親の希望で「英語」に、本人の希望で小学校の時は「サッカー」に通っていましたが、他は本人の希望に任せました。ここは微妙なところで、親が子供の可能性を広げるためにピアノや水泳などを無理やりやらせる、という選択肢もありました。
でも、僕自身がそのやり方をされてイヤな思いをしていたので、本人任せに落ち着きました。

これからの子育て費用についても書くことがたくさんありますので、続けます。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 随分とお金がかかる結果になっていますね
    うちは、そんなにお金をかけていないと思います
    3000万円とか聞くとビックリしてしまいます

    • 正吉 より:

      ウチもそんなにかけていないです。というよりも、かけていたら会社辞める、なんて考えられない状態になっていると思います。どこを削っているんでしょうね?