雇われない働き方を考える(3) 「ブログで飯を食う」

(前回からの続きです)

「ブログやホームページから広告収入を得る(アフィリエイト)」

副業=アフィリエイトと言われるくらい、アフィリエイトは一般的になってきました。
「ほったらかしでもお金が入ってくる」というのは魅力的です。
でも、アフィリエイトに取り組んだことがある人は「そんなに甘くない」ということを知っていると思います。

僕はあまり深く考えずに人生を生きて来てしまった の記事にも書きましたが、僕は過去に本気でアフィリエイトにチャレンジしたことがあります。

通算で500時間くらいかけて頑張ったのですが、時給換算すると1時間100円の収入にもならなかったのであきらめてしまいました。圧倒的に効率が悪かったです。

ただ、この時に作ったサイト達は ほとんどほったらかし状態なのですが、今でも収入を得てくれています。(1~3万円/月くらいですが、僕の貴重なおこづかいになっています)「ほったらかしでも儲かる」というのはまったくのウソでもないようです。
なので、あきらめずにコツコツと育て続けて、稼ぐコツのようなものがわかってくれば、ある程度の収入は得られると考えます。

ネットの中で完結する仕事であり、元手がかかるとしてもレンタルサーバーとドメインの料金くらいなのでリスクはとても少ないです。

「ブログ飯」に代表されるような、ブログを書いて生計を立てている「プロブロガー」と言われる人たちがいます。

ネットが繋がる環境にさえいれば、自宅にいなくてもカフェなどで仕事が出来る、さらに、日本にいる必要もなく海外からブログを更新することだってできるから働く場所を選ばない。
「ノマドワーカーなブロガー」の 立花岳志さん のような人もいます。

会社員ではこんな働き方は まずできないのでとても憧れます。ただ、やっぱり甘くはないです。
タイミング良く、こんな記事を読んだので紹介しておきます。

ブログで飯を食うつもりなら答えてほしい6つの質問

僕はブログを書くのは好きですが、1日7時間かけてブログを更新するほど好きではないな、と思っています。

「ブロガー」や「サイトアフィリ」「メルマガアフィリ」など様々なアフィリエイトのパターンがありますが、ローコストで始められて、収入が増えても変わらずにローコストで続けられる魅力は大きいです。

でも、もう一度繰り返しますが、稼げる人は少ないし、稼げる額も安定しない、厳しい世界だと思います。

雇われない働き方、さらに続きます

 

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です