雇われない働き方を考える(12) 「複業」をする

(前回からの続きです)

「月3万円ビジネス」本の前書きに、

「月3万円ビジネスを10個」で月30万円の収入になる。支出が少ない生活を愉しむことを重ねれば、「月3万円ビジネスを5個」でもお釣りがくるかもしれない。
「月3万円ビジネス」は暇な時に空いた場所でやります。なにしろ「月3万円」ですから、暇だらけです。上手に組み合わせればいくつものビジネスを併行できます。「副業」ならぬ「複業」というわけです。

 
とあり、この考えに大きく共感しました。

僕の場合であれば、月3万円の仕事を7つすれば月20万円を得ることが出来るので、OKということになります。

複数の仕事を同時進行でやって、トータルで月20万円を稼ぐということになります。

じゃあ、具体的に何をすればいいのか?

僕は、なんとなくですが こんなことを考えています。

1.現金支出を減らす仕事をする
2.自給自足的な仕事をする
3.協力的な仕事をする
4.自動販売機を作る
5.個人事業主や会社として仕事をする

順番に書いてみます。

1.現金支出を減らす仕事をする

「今までお金を払ってやってもらっていた事を、時間がかかってもいいから自分で楽しくやって現金支出を減らす。」
「タンスの移動を自分たちでやってみる」ようなことです。)

・単純に愉しんで節約をすることを仕事に見立ててしまう。
(新聞は図書館で読む、本をポンポン買わないで図書館で借りる、夏の日中は図書館や公共施設で涼む、支出を少なくするための調べもの、安く購入するための調べもの、などを「節約」という仕事と考えちゃう)

・移動にクルマを使わずに、徒歩や自転車にすることも仕事と考えちゃう(僕の住んでいる場所はかなり田舎なので難しいですが)

・ストレスが少ない生活や、時間がたっぷりあることを利用して健康に気をつける(医療費や保険費用を抑えることができる)

2.自給自足的な仕事をする

「たくさんある時間を使って、自分で作れるものは自分で作る」

・近所の農家さんに弟子入りして、お米や野菜を自分で育てる

・庭でニワトリを飼って、卵をいただく

・近所の川でヤマメやアユを釣る、海に行って魚を釣る(趣味と実益)

・山菜や野草を裏山に取りに行く

・家のメンテナンスや増築は、日曜大工(DIY)で仲間とやる

・薪ストーブを作って、薪(間伐材など)を自分で調達する。

※単純に支出を少なくするのではなく、「豊かな生活ができる」という点を大切に考える

長くなったので、次回に続けます。

(続きます)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です