本を捨てられない

最近、ブログ更新をサボりがちです。

毎日、部屋のお掃除をしたり、いろいろな整理をしています。

部屋のお掃除は、必要(と思われる)物を選択して、必要の無い物を捨てています。

いろいろな整理は、(自分は本当は何をしたいの?)なんてことをアレコレ考えつつ心の整理をしています。

今日は捨てたい物の話です。

本が捨てられません。

僕の部屋の中に何冊の本があるんだろう?

数えてみました。

雑誌:約100冊

漫画:約200冊

小説:約300冊

それ以外の本:約500冊

ものすごい数です。

これでも、2年前くらいにかなり捨てたんですが・・。

今日は思い切って「もう読まない」と思う本を捨てました。

でも、捨てられたのは、、

雑誌(ムック本含め)50冊

それ以外の本10冊だけ・・・。

「もう一度読みたくなったら、電子書籍で買い直して読めばいいじゃん」

「図書館でいつでも借りられるんだから、捨てちゃえばいいじゃん」

そう思うんだけど、捨てられない。

この本を買った時の気持ちを考えたり、また読むかもしれないと考えたり、実際捨ててしまったことを後悔した本もあったしと思ったり・・・。

スッキリしたいのに、全然スッキリしない。

「1年着なかった服は捨てて大丈夫」とか断捨離の本にはよく書いてあります。

それはわかるし、服とか物は案外あっさりと捨てられる。

でも、本は、

1年読まなかったからって、捨てても大丈夫ってもんじゃないと思うんです。

だって、本は「僕という人間」を作ってくれた物だし。

でも、古い本を捨てることによって、古い考えに固執することから離れ、新しい本をどんどん読んで、新しい考えを取り入れたい気持ちもある。

どうしたらいいのだろう。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です