生きているって、なんて、厄介なことなんだろう

生きているって、なんて、厄介なことなんだろう。

なんて、面白いことなんだろう。

なんて、かなしいことなんだろう。

そして、なんて、うつくしいことなんだろう。

作家の川上弘美さんという方が書いた、「歩いても、歩いても」という映画へのコメントです。

「歩いても、歩いても」は、家族を連れて実家に帰省する主人公を描いた、2008年に公開された是枝裕和監督の映画です。

主人公は阿部寛さん、奥さん役が夏川結衣さん。(ドラマ「結婚できない男」の2人ですね)

他に、YOUさん、樹木希林さん、原田芳雄さんなどが出演しています。

この映画に悪い人は一人も出てきません。

でも、人間のどうしようもない部分や、きれいごとだけでは済まされない部分は出てきます。

そして、

家族一人一人の良かれと思ってする行動が、なかなか良い方向に向いていかなかったり、

家族のためを思って話す言葉が、家族を傷つけてしまったり、

家族に気を使ったことが、裏目に出てしまったり、

そんな家族の厄介さ、面倒くささ、哀しさが多く描かれています。

(笑っちゃう部分もたくさんありますよ)

映画の最後の方で、主人公の阿部寛さんが言います。

「いつもこうなんだ。ちょっと間に合わないんだ・・」

この言葉に胸がギュっとなります。

自分の本当の想いは、なかなか届かないし、届ける努力をすることを自分勝手に空しく感じてしまったりして、いつも間に合わない・・・。

「自分が心地よい環境を自分で作る」という記事に、僕はこんなことを書きました。

●家族・家庭 →一番近くて、一番遠くて、一番好きで、一番嫌いな存在だったりしますが、「血」の関係だけは変えようがありません。一番大事な人たちなので、仲良く、うまく、したたかに、一緒に心地よい環境を作っていきたいです。

家族と暮らすって、楽しいことばかりじゃないけど、うまくやっていきたいです。

こういう映画を、ちゃんと観て、ちゃんと笑って、ちゃんと涙を流す。

今は、そういうことを大事にする時なのかもしれないなぁ。

そういえば、この主人公も失業中だった。(^^;)

家族のことを思うときに、見てみてください。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。
    何か良さげな映画ですね。今度DVDを借りてみようかな・・・・。主演の二人がTVドラマ「結婚できない男」と同じ組み合わせというのが、何となく面白そう。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん、コメントありがとうございます。
      ちょっと悲しいですけど面白いです。ぜひ。