僕は間違っていた 武器にはちゃんとお金をかけよう

新しいパソコンを買います。

今使っているパソコンは以下のような問題点を抱えています。

・起動が遅い、重い、でかい、
・キーボードが壊れていて単体では使えない(別キーボードをつないで使っている)
・その別キーボードの音がうるさくて外だと迷惑になる。
・液晶が壊れ始めている
・HDD(ハードディスク)がカリカリし始めている。

今までプライベート用で使うパソコンは「安さ」を重視し、常に「型落ち」の10万円以下のものを買っていました。

なので、今回も10万円以下の「コスパの良いパソコン」を探していました。

先日、調べものをしているときに、ある記事を読みました。

森の中で木を倒そうと、一生懸命ノコギリをひいているきこりに出会ったとしよう。
「何をしているんですか」とあなたは訊く。
すると「見れば分かるだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。「この木を倒そうとしているんだ」
「すごく疲れているようですが...。いつからやっているんですか」あなたは大声で尋ねる。
「かれこれもう五時間だ。くたくださ。大変な作業だよ」
「それじゃ、少し休んで、ついでにそのノコギリの刃を研いだらどうですか。そうすれば仕事がもっと早く片付くと思いますけど」あなたはアドバイスをする。
「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」と強く言い返す。

~『7つの習慣』より~

僕にとっては懐かしい『7つの習慣』の一節でした。

この文章を読んで、10万円以下の「コスパの良いパソコン」を探すんじゃなくて、自分にとって必要な機能を持ったパソコンを探さなアカン、と思い直しました。

仕事は1秒でも速く終わらせて、1秒でも多く遊びたい。

経費にもなるんだしね。

■購入PCの条件
・WINDOWSで、OSはWIN7かWIN10のノートパソコン
・起動が速いこと
・HDDは256GBあれば良いから動作が速いSSD(ソリッドステートドライブ)とする
・有線LANも使えること(無線LANの無い図書館で作業することもあるので。USB-LANはイヤ)
・HDMI出力端子があること(大きなディスプレイにつないで作業したいときもあるかも)
・キーボードが静かで使いやすいこと(外に出て使うときに別キーボードを持ち歩きたくない)
・軽いこと(2kg以内)
・適度な大きさ(13.5インチがベストか?)
・ヘッドフォン端子があること
・USBの口が2つ以上あること
・CPUはi5(2GHz)以上
・メモリは8GB以上
・EXCELが添付されていると良い(別売では買いたくない)
・DVDが見れること
・頭の良い日本語変換が付いてること(IMEはアホだから嫌い)

生まれて初めて「金に糸目をつけずに武器(パソコン)を買う」経験をします。
(でも、きっと30万円は超えません)(^^;)

個人事業主(フリーランス)が年内の経費としてパソコンを買うとき いくらまでのPCを買えるのかに続く。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね