docomoからauに乗り換えました

「父のおこづかいを減らせば家計は改善するのか」で、「家計の固定費を削減しなければイカン」という趣旨の記事を書きました。

我が家では、固定費の中の「通信費」が高すぎる、と常々考えていたので、「家計リストラ」の1つである「通信費の見直し」を進めていました。

「住居費」「保険」「老後資金」「教育費」「クルマ」が家計における5大支出と言われますが、「通信費」もかなり大きな出費だと思います。

僕の親戚家族は、
家族4人で、全員がスマートフォンを使っていて、家庭には光回線を引いています。
「月の通信費はどれくらいなの?」と聞いたら、「だいたい5万円」と言われてとても驚きました。
単に通信費だけでなく、スマホ端末の分割払いも合わせての料金なのですが、信じられない金額です。

その親戚家族は、夫婦共働きなので家計に余裕はあるのでしょうが、1年で60万円なんて・・。
しかも、契約内容をあまり把握していなくて、どの項目にいくらかかっているかがわかっていません。明細はWEBで確認できるのですが、「確認なんてしない」そうです・・。
(親戚なので、あまり悪いことは書かない方がいいですね)(^^;)

と言いつつ、僕も、通信費については わからないことが多く、docomoの言いなりになっていました。

増税前の各社の2014年3月春のキャンペーンが終わる前に何とかしたいと考えました。

この2週間で、docomoとauとsoftbankに通いつめました。ネットからの情報も得るようにして、夫婦で「初級者」くらいにはなれたと思います。

消費増税前の駆け込み効果をねらったのか、auでは、2014年になってから「乗り換え時のキャッシュバック・キャンペーン」をしていました。

調査の結果、docomoからauに乗り換えるのが一番良いという結論になり、昨晩変更をしてきました。

細かいキャッシュバック金額や、端末変更の詳細は割愛しますが、ざっくり書きます。

★変更前 父(スマホ)、母(スマホ)、長男(ガラケー)、次男(無し)
↓↓↓
★変更後 父(新スマホ)、母(新スマホ)、長男(新スマホ)、次男(ガラケー)

に変更しました。

結果的には、docomoの解約金とauの初期費用を、キャッシュバックと合算して0円にしました。
月に約16,000円かかっていた携帯費用を、8500円に減らすことができました。

単純計算すると、2年間で約18万円の節約ができたことになります。

はdocomoの環境で満足していましたが、
とにかく動作が遅いのスマホ、
長男が2年間切望し続けていたスマホへの変更、
連絡が取れなくて何度か困ったことがある次男へのガラケー貸与

が、できた上での費用なので、かなり満足のいく結果となりました。

通信費の「中級者」や「上級者」の方は、格安SIMやIP電話を活用するなどして、通信費をすごく安くしているのだと思います。我が家の通信費ももっと調査すれば、もっと安くできるのかもしれません。
ただ、今回はここまでが限界でした。auの大幅キャッシュバック・キャンペーンの「2014/3/16まで」という締切もありましたので。

少し本気になって調べるだけで、かなりの節約になることが、またわかりました。
固定費の削減、引き続きがんばりたいと思います。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ヒョウタンツギ愛好家 より:

    初めまして。
    携帯料金ですが、現状ではお得な維持費が適用される期間が最大約二年間であることと、その約二年後に解約料のかからない月が発生することから、二年毎にMNP特典目当てに他社へ移っていくのがよろしいかと思います。そうすると、端末が「余ってくる」かも知れませんが、スマホは解約してもリモコン代わりやラジオ代わりなど色々便利な道具として使えますので、ゴミにはならないと思います。

  2. yamazen より:

    我が家の携帯は長年auですが、長期利用者に対しては何の特典もありません。(どこもそうでしょうが)
    mailアドレスを変えなくてもよければ、他社に変更したいのですが。

  3. 正吉 より:

    ヒョウタンツギ愛好家さま
    初めまして。コメントありがとうございます。
    ですね~。今まで乗り換えていくメリットがわかっていませんでした。docomoのスマホは売ってしまおうかと考えています。

    yamazenさま
    初めまして。コメントありがとうございます。
    携帯メアドだけは変更しないとダメですね。でも、逆に言うと乗り換えできない条件はメアドなんです。(あと面倒な「アプリの設定やり直し」もありますが)
    そのために年間10万円単位の節約になるならば、、、決断すべきかと・・。