50歳を超えたらホントに50肩がやってきた

現役で働いていた時は、肩コリ首コリの人でした。

基本的にパソコンと向き合うのがメインの仕事でした。

システムの面倒を見てるときでも、会議をしてる時でも、打ち合わせをしてる時でも、常にパソコンをカチャカチャしてました。

なので、肩コリと首コリが常にありました。

肩のコリと首のコリがヒドかったです。

薬を飲んだり、お風呂に長く入ったり、整体に通ったり、マッサージに行ったり、ハリを打ったり、温泉に通ったり・・。

いろいろと試したけど、肩と首は常にパンパンに張っているような状態でした。
お医者さんやマッサージ師さん、整体師さんからは「張ってますね、仕事忙しいんですね」といつも言われていました。

今もまだ張っている感じはしています。
でも、痛みがなくなりました。
あのしつこい痛みがなくなったのです。

何をしたから、ということではありません。
「会社に行って仕事をすること」をしなくなっただけです。

そういう問題ではなかった

会社を辞めて、無理をしなくなったら、肩のコリも首のコリも見事になくなりました。

3年ほど、コリの無い生活をしておりました。

でも、、、

ここ最近は、

・夏から秋にかけて集中して仕事をしていたので、午前中はずっとパソコンをカチャカチャしていた。

・任天堂スイッチのRPG「オクトパス・トラベラー」にハマってしまい、午後から夜にかけて、連日同じ姿勢でコントローラーをカチャカチャしていた

・寒くなり始めて、肩をすくめて過ごす日が多くなった

のが原因(と思われる)で、肩コリと首コリが復活してきてしまいました。

仕事の方は、「ピークが過ぎればヒマになってパソコンに向かうことも無くなるだろう」って考えてたし、

ゲームの方も、「クリアしちゃえばゲームに見向きもしなくなるだろう」なんてタカをくくってたんで、

ナメてました。

12月に入ったら、右肩が上がらなくなりました。。。

寝ている時に、寝返りをうつ度に痛くて目覚めてしまうようになり、、、

病院に行きました。

「50肩」だそうです。

大して仕事もしていないクセに、ほぼ毎日昼寝してるクセに、やる気のないときは映画ばっかり観てるクセに、、

「50肩」って。。。

もしも、会社に勤め続けて、仕事をバリバリしていたら、どうなっていたのやら。。。

(50歳を過ぎちゃったんだから、仕方ないか・・)と、

しばらくアキラメの境地に立って、コリの為すがままになっておりました。

でも、、、

戦い始めたのです。わたくし。

コリと戦い始めたのです。

次回は、その戦いの軌跡をお届けしますね。

ん?そんなのどうでもいい?

違うのだ!

今このブログを読んでいる人はね、30代、40代の人が多いのよ。

イヤ、知ってるんだ、オレは

ちゃんと、Googleでアクセス解析してるんだから。(ウソだけど)(ウソじゃない)

「早期退職なんてもっと先に考えればいいや」なんて思ってるとね、そのうち、40肩になって50肩になって、いろいろ健康診断で引っかかって、体のことが心配になって、旅行にさえ出られなくなるんだよ。

だからね、ちゃんと50歳を迎えて老化を迎える、ということをわかって欲しいんだなぁ。

何書いてるのかわかんなくなってきたぞ。

うん。今日は酔ってるよ。タマにはいいじゃんか~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね