合わない人は排除できるという自由

「人づきあいが多くなってきたら、自分と向き合う時間が少なくなった」の続きです。

退職後の人との付き合い方で、大きく変わった点について書きます。

記事タイトルの「排除」とは「不要なものを取り除くこと」という意味なので、かなりヒドい言い方なのですが、会社員時代はコレができませんでした。

どんなにゴーマンで自分勝手な人でも、どんなに気持ちわるい人でも、どんなにイヤなやつでも、一緒に仕事をしなければいけない時がありました。

そんな人が上司だった時期がかなり長くあって、その頃は、やりきれない気持ちでいっぱいでした。

「人として尊敬できない人間の命令を聞かなければならない」

本当に最悪でした。

これは裏を返せば、逆の立場もあって、僕のことを尊敬できない部下が、僕の言うことを聞かなければいけない、ということでもあり、まぁ、どちらにしても「不健全」な状態だったよなぁ、と強く思います。

会社を辞めて、今、いろんな分野の人とおつきあいをしています。

「早期退職後の人とのおつきあい」

そのおつきあいの中で、どうしても「自分とは合わない人」が出てきます。

今、楽だなぁ、と思えるのは、そういう人とは「付き合わなくていい」ということです。

(あ、この人はダメだ)

(うわ、この人と話してるとイライラが止まらない)

と思ったら、

パっと離れられます。

近づいてきたら、逃げちゃいます。

逃げられなければ、無視できます。

これは、すごく健全なことだと思います。

自分の中にイライラを溜めることがありません。

「ワガママで自分勝手なつきあい方」とも言えるけど、『対人ストレスは命さえも奪う』と考えれば、「健全で正しいつきあい方」とも言えると思います。

人づきあいが多くなった、2015年8月。

僕は、2人の人から、離れて、無視して、逃げました。(^^;)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. pin より:

    「合わない人と付き合わなくていい」…よくわかります。

    会社での立場上、合わない(嫌いな)人と

    毎日付き合わなければならないのがホントつらいです。

    最長であと3年で退職する予定ですが、それを目標に我慢しています。

    • 正吉 より:

      pinさん、コメントありがとうございます。
      ツラいお気持ち、とてもわかります。
      ただ、終わりが見えているとストレスは軽減されるそうです。一番ツラいのは終わりのない問題なのだそうです。
      目標達成の前倒しを願っております。

  2. Bb より:

    お久しぶりです。昨日、年末で会社を辞める連絡を行いました。これから、ここを熟読して心構えとかを勉強するつもりです。

    • 正吉 より:

      Bbさん、コメントありがとうございます。
      おぉ!そうなんですか!おめでとうございます。(^^)
      こんなブログが役に立つかわかりませんが、一緒に悩みましょう!(^^;)