『49歳無職のリアル最終回』【仕事編】

早期退職1年後の生活・人間関係・お金 と書いてきましたが、『49歳無職のリアル』最終回は【今後の仕事】のことについてです。

早期退職無職の50男に仕事なんてあるのか?

「48歳無職になって半年経った」には、

(無職になって半年もすれば、「ヒマ」になって、焦りはじめて、職を探し始めるかも?)なんて、少しだけ考えてたけど。。。
今のところ、全くヒマにならないし、焦りも全然感じないし、できればもう少し今の楽な生活をしていたいなぁ、と考えている。

と書きました。

1年後の今も、相変わらず焦りはあまり感じていません。

でも、(このままだと「資産の取り崩し」が始まっちゃうな)と考え始めました。
そして、自分でも意外なことですが(誰かの役に立ちたい)という殊勝な気持ちもフツフツと沸いてきました。

しかし、もうすぐ50歳で、大した実績も無く、食える資格や経験も持っていない僕が 企業に転職したところで、ロクな仕事は無いだろうし、きっとロクなことにはならないです。

なので、今までずっとこのブログで書いてきた「独立して自営でできる雇われない働き方」をいろいろと試し始めています。

FPとして独立することを視野に入れながらも、アフィリエイトやら、物販やら、WEBサイト製作やらを並行してやりながら、何とか月収20万円を目指していきたいなと考えています。

前回の記事で少し触れたことについて、もう少し詳しく書きます。

誰かを助けることで感謝と報酬をいただきたい計画

人生後半の仕事は、「助ける系の仕事」だ。

(なんじゃそれ?)という感じだけど、

  • WEBデザイン的な仕事 → 安くホームページを作りたい人を助ける
  • 会社を上手に辞めたい人に → 相談を受けたりアドバイスをしたりする
  • 会社・組織がツラくて心の病になっている人に → 相談を受けたりアドバイスをしたりする
  • お金が足りなくて困っている人に → 生活が楽になる情報を教える
  • いつ死んじゃってもいいように準備したい人に → 何をどうすればいいかを一緒に考える
  • 単純に僕が動くことで、誰かが助かるようなことをする

僕が今、興味を持っていること、面白いなと感じていることを、もう少しふくらませて、「感謝と報酬がもらえる仕事」につなげていきたい。

感謝は「ありがとう」と言ってもらえるだけでいい。
それだけで、自分の気持ちがとても豊かになることが、このブログを運営してきてわかってきた。

報酬は、お金でもいいし、お金でなくてもいい。
その報酬によって、僕や家族が生きていくために役立つものなら、交換的なことでも良い。
「ソレをやってもらったから、コレをやってあげる」感じのこと。

「僕がやり始めようとしている2つめの仕事のこと」

「相続について両親と話し合ってみたら、これはライフワークにつながるかもしれない、と思った」

FPを目指す

FPの資格を取ろうとしているのは、上記を実現するための勉強がしたいからです。

とは言え、FPの資格を取って「FP業務を始めたよ!いらっしゃい!」で すぐにお客さんが来るワケもないので、最初は「個人事業主開業宣言」をして、サイト作って、家族・親戚・友達・知り合いに押しかけて行って「無理やりFP相談」させてもらって、少しずつ仕事のつながりを増やしていく、という感じになると思います。

WEBサイト製作を継続する

WEBサイト製作は、昨年、2つの企業で3つのサイトを作りました。
収入的には微妙な感じですが、そこそこ需要があることがわかってきました。
「短期間で安く作れて細かい所に手が届く」ことをうまく宣伝できれば、年間100万円くらいは稼げそうな気がしてきました。

物販やアフィリエイトで副収入を得る

「物販」は まだまだ手を出せていませんが、「アフィリエイト」については少し勉強しました。(実はこのブログでも、いろいろ実験したりしています)

「アフィリエイトは『ほったらかし』でも儲かる」なんて言われますが、正当な(?)アフィリエイトは、研究や努力を怠らないことで、着実な収入につながることがわかってきました。

もっと経験や実験を重ねて、ブレの少ない定期収入になるように、がんばってみたいと思います。

『早期退職1年後 49歳無職のリアル』報告のまとめ

以上で、『早期退職1年後 49歳無職のリアル』報告は終わりでーす。

この集中記事を書いたらPVが増えました。 読んでくれてありがとう。(^^)

と、ここまで書くと、順風満帆のような気が(自分でも)してきますが、ちょっと困ったことも起きています。
長くなるので、この件は次回か、いつかそのうちに。
家で仕事ができる幸せを手に入れたけど、僕には在宅ワークが無理そうなことがわかってきた
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね