そういう問題ではなかった

肩のコリと首のコリがヒドかったです。

薬を飲んだり、お風呂に長く入ったり、整体に通ったり、マッサージに行ったり、ハリを打ったり、温泉に通ったり・・。

いろいろと試したけど、肩と首は常にパンパンに張っているような状態でした。
お医者さんやマッサージ師さん、整体師さんからは「張ってますね、仕事忙しいんですね」といつも言われていました。

今もまだ張っている感じはしています。
でも、痛みがなくなりました。
あのしつこい痛みがなくなったのです。

何をしたから、ということではありません。
「会社に行って仕事をすること」をしなくなっただけです。

「アリナミンEXプラス」という薬を1日3錠、かなり長い間服用していました。
これを飲めば肩こりが治る(または軽減する)と思い込んでいたからです。

「アリナミンEXプラス」 ビタミンB1誘導体フルスルチアミンに、神経や筋肉の働きに関わりの深いビタミンB6、ビタミンB12、血行をよくするビタミンEを配合。カラダが疲れて固まったと感じるときのつらい「目の疲れ」、「肩こり」、「腰の痛み」などに、すぐれた効果をあらわします。

 
コレを飲んでいなかったらもっとひどい肩コリになっていたのかもしれません。

でも、そういう問題ではありませんでした。

会社に行って、神経を使いながら、パソコンの画面やモニターの画面を常に見ていたし、キーボードを叩いたりしていました。
会議や打ち合わせのときでも、進行をしながらパソコンのテキストエディタで議事録を取ることが多かったです。
「今忙しいんだから、オレに話しかけるな」というオーラを出して、身体を硬直させ、ピリピリしながら仕事をしていたこともよくありました。

そんなことの一つ一つが肩コリと首コリの原因を作っていたんだな、と気づきます。

そして、それらをやめることができたから、今、楽になっているのだと思います。

首を回してコリをほぐすのがクセになっていました。
でも、ここ2週間くらいはそのクセがあまり出なくなりました。

やっぱりいろいろ限界だったんだなぁと、今、思います。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. カネヤン より:

    体や心が壊れる前に手を打って、よかったなと思います。
    壊れてしまってからでは遅いですから。

    何が起きても自分を大切にすることが大事ですね。
    それができるからこそ他人も大事にすることができるので。

  2. やめて大正解でしたね。
    健康が第一です。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      いちおーまだ、やめてはいないんですけどね。(でも・・・)