部屋が全然片付かないけれど、それを楽しんでしまっている自分がいるので仕方ない

誰もクリスマスプレゼントをくれそうにないので、自分へのクリスマスプレゼントに本棚を買いました。(悲)

僕が今まで買った中で最大の本棚です。

ものすごい量の本が収納できますが、それでも僕の全ての蔵書(恥)は収納できません。

収納出来ないのに、なぜこの本棚を買ったかと言えば、いらない本を処分したかったからです。

本が捨てられません。
僕の部屋の中に何冊の本があるんだろう?

数えてみました。

雑誌:約100冊
漫画:約200冊
小説:約300冊
それ以外の本:約500冊

ものすごい数です。

これでも、2年前くらいにかなり捨てたんですが・・。

今日は思い切って「もう読まない」と思う本を捨てました。
でも、捨てられたのは、、雑誌(ムック本含め)50冊。
それ以外の本10冊だけ・・・。

「もう一度読みたくなったら、電子書籍で買い直して読めばいいじゃん」
「図書館でいつでも借りられるんだから、捨てちゃえばいいじゃん」

そう思うんだけど、捨てられない。

この本を買った時の気持ちを考えたり、また読むかもしれないと考えたり、実際捨ててしまったことを後悔した本もあったしと思ったり・・・。
スッキリしたいのに、全然スッキリしない。

本を捨てられない

最終手段に出ることにしました。

今までは、中くらいの本棚が4つありました。
それを無理矢理に大きな本棚1つに納めることにしました。
本棚に入らない本は捨てることになります。

その整理作業をもう1週間やってます。
(もう捨てる本だから最後にざっと読んでおこう)と本を読みながら整理してるので、全然進みません。
やっと50冊の本がゴミ袋に入りました。(bookoffに持って行くかもだけど)

でも、この作業すごく楽しい。

(あぁ、この本は10年前くらいに読んだんだよなぁ)
(おぉ、この本は線引っ張りながら読んだよなぁ)
(お疲れさま、今までありがとう)

なんて、思い出しながら、整理しています。

たぶん、来年の2月くらいには完了すると思います。(^^;)

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね