息子にアフリカを見せてあげられないと悟ってやったこと

長くて変なタイトル。

今まで語ったことがありませんでしたが、僕は20代後半にアフリカで2年間過ごしたことがあります。

その2年間の中でアフリカの国立公園に何度か足を運んで、野生動物を見に行きました。

ゾウ、ライオン、チーター、キリン、ヌー、カバ、サイ・・・、たくさんの野生動物を見ました。

日本に帰ってきてから結婚して、男の子が生まれた時に、いつかこの子をアフリカに連れて行って、本物の野生動物を見せてあげたい、と思うようになりました。
次男が生まれた時は、2人とも連れて行ってあげようと思いました。

会社での仕事がイヤになった時や、もう働きたくないと思った時、
会社を辞めたい気持ちにストップがかかったのは、この「家族をアフリカに連れて行くために頑張る」という目標(夢)があったから、というのも一つの理由でした。(思いとどまった理由はそれだけではないですが・・)

2014年に会社を辞めると決意して、お金のことを考え始めてから、家族をアフリカに連れて行く夢をあきらめないといけないかな・・、と思い始めていました。

話は変わりますが、僕はときどき、独りで映画を観に行きます。

本当は家族や、妻と2人で行きたいのだけれど、映画の趣味が合わないとわかっているときは独りで観に行きます。
少し前に「アメイジング・スパイダーマン2」を独りで観に行きました。話の筋はともかくとして、3Dの映像には引き込まれました。

スパイダーマンの映画の前に予告が流れ、アフリカの大自然と動物たちを3D撮影した映画の予告がありました。

(あ、これだ・・)と思いました。

本物のアフリカや、本物の野生動物は見せられないけど、3次元に近い迫力でこの映像を見せることが出来れば満足するに違いない、と思いました。(満足するのはもちろん僕です)(^^;)

そして昨日、家族で『ネイチャー「史上最高の地球旅行)」』を見てきました。

とてもいい映画でした。

映像も、内容も、音楽も、滝川クリステルさんのナレーションも。

次男はちょっと退屈そうでしたが、緊張する瞬間では「ビクッ」と肩を震わせていました。

まだ、アフリカ旅行の夢を完全にあきらめたわけではありませんが、僕の中では少し気持ちの整理がつきました。そして、自分なりに かなり自己満足できました。(この自己満足を知っているのは、妻だけなんですけどね。)

もし時間があったら観に行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*