夫が会社を辞めると決めた時、妻は何を思うのか

僕が「会社を辞めたいんだ」と妻に話した時、妻は 悲しそうに困った顔をしました。

僕がツライ思いをしているのを知っているし、辞めたい気持ちもわかる、でも、収入が無くなると子供を育てることが出来ない、自分が働けば良いのかもしれないけど今さら正社員にはなれないし、自分のパートの給与では限界がある・・。

妻はそう言いました。

僕は、妻の言うことはもっともだと思いました。

じゃあ、
どうすれば、僕が会社を辞めても何とかなるのか?
どうすれば、そのことを妻にわかってもらえるのか?

今、僕はその2つの問題をクリアするために、なかなか進まない作業をやり続けています。

自分の夫が会社を辞めてしばらくは働かない、と言われたら、女性はどう思うのでしょうか?

「小島慶子さん」は、元TBSアナウンサーで、今はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティで活躍されています。

ガラッパチで、いい意味で女くささが少ない人です。

小島慶子さんの旦那さんは、会社を辞めると彼女に打ち明けました。そのとき彼女はこう思ったそうです。

なんで夫が会社を辞めるのを止めなかったのかと思う人もいるでしょう。

私も会社を辞めた経験があるので、辞めるって決断をするにはうんと考えて、苦しんだり悩んだり迷ったりして、覚悟を決めてのことだと分かったからです。

辞める人の理屈は、辞めたくても辞めない人や辞めたいと思ったことがない人には決して通じないものですし、噂好きな輩や勝手なことを言う人もいます。会社を辞めるって作業は、それはそれは孤独なものです。彼が黙ってそれに耐えていたなんて、私は全然気がついていなかった。

人は働かないと食べられない。だから歯を食いしばって働かなくちゃならないこともある。でも、このままここにいることにはとても耐えられない、と思うときもある。彼の収入がゼロになることの打撃と、彼がそんな気持ちで人生を送ることの打撃とを比べたら、私にとっては、後者の方が大きかった。

小島慶子 夫の生き方を真正面から考えてみた | 小島慶子のDUALな本音L

「あぁ、いいなぁ」って、これを読んだときに思いました。

(僕の妻にもそう考えてほしい、ということではなく、孤独な作業に気づかなかった自分を反省する姿勢がいいなぁと思ったのです)

僕の妻も先が見えていないだけで、現在の状態と将来の予測がある程度見えてくれば、同じ気持ちになってくれると思っています。(本当?)

「我が家の家計を縮小して資産を増やし、これからの収入と支出を出来るだけ具体的に予測する」
これが見えていないことが妻にとって不安材料なんだと思います。

なので、なかなか進まない作業ですが、この作業をやり続けていきます。

「2014年に会社を辞める」と宣言しました。明日から5月です。2014年もすでに1/3が過ぎてしまいました。

会社を辞めて生きるための道を地道に進みます。

    
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ロールシャッハ より:

    自分は数年前に会社員を辞めて起業しました。
    理由「もう、嫌なことはしたくない。好きなことだけをする」
    現在は…とても良い感じです。

    • 正吉 より:

      ロールシャッハ様
      「好きなことだけ」いいですね。がんばります。

  2. prire より:

    小島慶子さんは性格もあるのでしょうが、彼女自身に収入があるからそう言えたのではないでしょうか。
    私自身もそうですが、妻がそうではない場合は、今後のプランを明確にして不安を減らしてあげるのが義務だと思います。
    地道で難しい作業だと思いますが、頑張ってください。

    • 正吉 より:

      prireさん
      コメント返信遅くなりました。
      >不安を減らしてあげる
      そうですよね。「心配しないでも大丈夫、まかしとけ」なんてつい言いたくなってしまうのですが、正直にコミュニケーションを取り続けないと不安を減らすことができないだろうな、と思っています。

  3. パルタ7 より:

    こんばんは。

    私も早期退職する時、カミさんに反対されました。しかし、自分の病状と会社での将来を考えた場合、とてもこれ以上仕事を続ける事は出来ませんでした。とにかく、経済的不安だけは与えないように努力しました。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん
      経済的不安を与えない、、、難しいですね。僕はたぶん不安を与えちゃうと思います。でもできるだけ不安を少なくするようにがんばりたいです。