「もうダメだ」と思ったら、すぐに逃げ出せて、逃げてもちゃんと生きていける社会や風潮を整えたい

東大卒で電通に入社した新入社員の当時24歳の女性が自殺し、「過労自殺」として労基署に認定されました。

「毎日、次の日が来るのが怖くてねられない」

「はたらきたくない 1日の睡眠時間が2時間はレベル高すぎる」

ネット上のあちこちに、

「早く辞めちゃえば良かったのに」

「自殺することないのに」

「もっと違う働き方があったはずなのに」

という意見がありました。

僕もそう思います。

でも、心の病になってしまって、アリ地獄のように抜け出せなくなることだってあります

僕も、会社の業務が原因で、心の病になりました。

最初は、(ちょっと苦しいな)(少しツラいな)くらいでした。

でも、緊張することが増えて、ストレス過多になり、睡眠時間が少なくなると、簡単に壊れてしまいました

なかなか壊れない人もいるんだろうけど、僕のように簡単に壊れる人もいます。

「考えれば考えるほど、悩めば悩むほど、ツラくなっていく」

「もがけばもがくほど、下に落ちていってしまう」

そんな状態になることだってあるんです。

おそらく彼女もそういう状態だったのだと思います。

そんなとき、

(大丈夫?)

(話、聴くよ)

(逃げてもいいんじゃない?)

と、手を差し出してくれる人がいれば、救われます。

出口が見えれば、ストレスから解放されるんです。

アリ地獄から抜け出すことができるんです。

会社や友達の中に、

彼女の変化に気づいてあげられる人はいなかったのか?

彼女のことを気遣ってあげられる人はいなかったのか?

彼女に手を差し伸べられる人はいなかったのか?

おそらく、いたのだろうと思います。

でも、その余裕が無かったのだと思います。

今の僕なら

「逃げても大丈夫だよ」

と自信を持って言えます。

「もうダメだ」と思ったら、すぐに逃げ出せて、逃げても復活できる社会や風潮を整えていきたいです。

僕の退職後の生き方をこのブログに書いて、それがその役割の一端になれるといいんだけどな・・・。

なかなか、むずかしいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね