家で仕事ができる幸せを手に入れたけど、僕には在宅ワークが無理そうなことがわかってきた

早期退職して1年経ちました 49歳無職のリアル【生活編】にも書いたのですが、僕は、日中の明るい時間帯に家の自分の部屋にいると「ダメな人」になることがわかってきました。

自分の部屋に居続け過ぎると、昼間からお酒飲んじゃったり、3時間くらい昼寝しちゃったり、ネットで遊び続けちゃったりして、ロクなことになりません。

時間がたくさんあるんだから何をしたって別にいいんだけど、なんとなく「人間失格」のようなダメダメな気分になってしまうことが多いです。

午後になると外出が面倒になってしまうので、午前中にさっと家を出てしまい、外出先で何かをするのが良いみたいです。

行き先は、図書館だったり、喫茶店だったり、カフェだったり、ネットカフェだったりするんですが、圧倒的に図書館に行くことが多いです

何てったって、

冷暖房完備で夏涼しく冬暖かく、
学習室はシーンと静かで電源もネットも使えるし、
本も雑誌も読み放題、
DVDで映画鑑賞だってできるし、
何時間いても無料だし、
店員さん(じゃなくて図書館の人)にイヤな顔もされません。

こんな場所って他にはなかなか無いです。

平日の図書館は空いてるし、静かだし、広い学習室を一人で独占して使っちゃえるときだってあります。(^^)

喫茶店やカフェは美味しいコーヒー飲めるし、カフェでパソコンのキーボードを叩いてるとちょっとカッコいい感じもします。
が、喫茶店やカフェはウルセー!
全然集中できません。ヘッドフォンしても何となく落ち着かないので僕には向いてないみたいです。

ネットカフェは静かで落ち着くんだけど、誘惑が多すぎてさ。
ついつい漫画読んで雑誌読んで3時間くらい経っちゃって、パソコン持って行っても開かないで帰ってきちゃいます。(^^;)

企業のWEBサイト作成の仕事をする時、「FP資格取得」の勉強をしていた時、8割くらいは図書館にいました。

図書館が無かったら、仕事も遅れ気味になって、FP試験にも受からなかったと思います。
なので、これからも、図書館と共に生きていこうと思います。

なんだか、ダラダラとした記事になりましたが、まとめると、

自分にとって集中できる空間を見つけられると、仕事するにも勉強するにも暇つぶしをするにも、充実した時間を過ごせるようになります。

町の図書館、お勧めです。

参考記事:
自宅を職場にするデメリットとは?
早期退職して1年経ちました 49歳無職のリアル【生活編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね