早期退職して1年経ちました 49歳無職のリアル【生活編】

ほわーんと過ごしていたら、会社に行かなくなってから2年、早期退職してから1年、が経っていました。

「48歳無職になって半年経った」という記事を書いたとき、退職して1年経ったら続編を書こうと思っていました。

【生活編】【家族編】【人付き合い編】【仕事・お金編】について書いていきます。

まずは、日々の【生活編】から書きます。

早期退職無職から1年経って心境の変化が現れた

(今日は何しよっかなぁ)とゆるーく考えて生活するのが、自分は好きみたい。

と半年前には書いていました。

でも、その気持ちが少しだけ変わってきました。

(何か 面白いことをやりたいな)と考えることが多くなりました。

一人だけの自己満足に慣れてきているのかもしれません。

日々、だいたい こんな生活をしています。

早期退職無職男の朝

朝は7時くらいに起きます。
妻は6時に起きて長男くんのお弁当を作っています。

僕が1階に下りていって、夫婦で「ラジオ体操」をします。
毎日きっちりやるわけじゃないけど、通常の日はやってます。

ラジオ体操が終わると、僕は愛犬くんと30分ほど散歩に行きます。
雨の日以外は行きます。
帰ってくると、息子くん2人は既に中学と高校に出かけているので、妻と朝食を食べます。

妻がパートに出かけると、僕は朝食の皿洗いをします。
火曜日と金曜日は僕が可燃ゴミを出しに行きます。(数少ない僕の仕事です)

朝8時半からメールやブログやツイッターをチェックしながら読みます。

朝9時に株式市場のチェックをします。

9:30くらいに出かけます。
行き先は、図書館だったり、カフェだったり、ネットカフェだったりします。

僕は、日中の明るい時間帯に家にいると「ダメな人」になることがわかってきました。
自分の部屋に居続け過ぎると、ロクなことになりません。
※詳しくは【仕事編】に書きます。

早期退職無職男の昼

昼食は、駅の蕎麦屋さんで「ネギ入れ放題のかけそば 290円」をよく食べています。
ダイエット的にも良い感じです。
ラーメン屋さんや定食屋さんに行くこともあります。

午後に帰ってきて、本を読んだり、勉強したり、ギターを弾いたり、amazonプライムの映画を見たりします。映画を観に行ったり、本屋に行くこともあります。

午後は昼寝をすることが多いです。
ちゃんとベッドに入って昼寝します。
1時間くらい寝ることが多いです。

これも寝すぎると「ダメな人」になるので、夕方には起きて愛犬くんの散歩に行きます。
こうするとダメな気分も罪悪感もキレイになくなるから不思議です。

夕方になると妻がパートから帰ってきます
僕も散歩から帰ってきます。
夕方に2人で買い物に出ることもあります。

早期退職無職男の夜

1年を通して、明るいうちからお風呂に入るのが日課です。
早期退職して何が良かったかって、明るいうちからお風呂に入れるほどの幸せはありません。

そして、明るいうちにお風呂を出て、明るいうちからビールを飲みます。
早期退職して何が良かったかって、明るいうちから(略)。

このくらいのタイミングで、中学生の次男くんが部活を終えて帰ってきます
次男くんは、「コイツ毎日酔っぱらってるな」と思ってるかもしれません。

晩酌からそのまま夕食に移行します。

ちょっと酔った頃に、高校生の長男くんが部活を終えて帰ってきます
長男くんは、「コイツ毎日酔っぱらってるな」と(略)。

夕食を終えて、ほろ酔いでブログの記事を書くことが多いです。

午前中や昼間に記事を書くこともあるけれど、圧倒的に夜が多いです。
(この記事も、夜10時にほろ酔いで書いてます)

書いてみてもつまんないなと思ったり、飲み過ぎちゃったときは、投稿をサボってしまうこともあります。<(_ _)>
(この記事面白いかぁ?と思いながら今も書いています)

寝る前に体幹トレーニングを5分してから寝ます。
昼寝をしているクセに、やけに寝つきは良いです。

(うーん、やっぱりこの記事おもしろくないか?)

【家族との関係編】に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね