置かれた場所で咲きたくなかった

歳をとると「男性ホルモン」が少なくなるのは、わかる気がします。

でも、40~50代の男性ホルモン値が、60代男性よりも低いというのは驚きです。

衝撃的なのは、40~50代の男性ホルモン値が、60代以上よりも明らかに低いことです。テストステロンの量が年齢で決まるなら、こんなことはあり得ないはずなのに、いったいなにが起きているのでしょう。

研究者は、日本の企業では40~50代のサラリーマンのストレスがもっとも大きく、それが男性ホルモン値を引き下げているのではないかと考えています。

年功序列の人事制度では、年齢が上がるにつれて責任が重くなっていきます。それと同時に、会社組織はピラミッド型なので、出世街道から脱落するリスクも大きくなります。家庭でも、住宅ローンの支払いや子どもの教育費が重くのしかかる年代です。

それに対して60歳を過ぎるとサラリーマン人生も終わりが見えてきて、挫折もあきらめと開き直りに変わってきます。子どもも手が離れ、家計にも余裕ができてくるでしょう。それにともなって、どん底だった男性ホルモン値が回復してくるのです。

こうした現状を改善するには、年齢にかかわりなく能力を活かして転職できる流動性の高い労働市場が必要ですが、「日本的雇用を守れ」と頑強に抵抗するひとたちがたくさんいるので、いまだにそれは絵に描いた餅です。40代や50代は、これからも「置かれた場所で咲く」しかないようです。

40代になると、サラリーマンは「置かれた場所で咲く」しかない | 橘玲 公式サイト

会社員時代の僕は、この男性ホルモン値が低かったんだろうなぁ、と思います。

ウツにもなっちゃったし。。。

僕は、いろいろ考えて、「置かれた場所」から離れました

そんな所で咲いてても、良いことなさそうだったから。

それよりは、自分で咲きたい場所を選んで、ダメなら枯れてもいいや、という感じかな。

60歳まで待つ、という手もあったかな?

イヤイヤ、12年は待てなかったよな。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ヨレ蔵 より:

    正吉さん、こんばんわ。

    『自分で咲きたい場所を選んで、ダメなら枯れてもいいや』って、いいですね!!私もそれに賛成。私が後先考えず収入の道もないのに、リタイヤしたのは同じカンジです。

    戦前ぐらいまでは、「人生50年」だったわけだから、50歳からはオマケの人生。自分の好き勝手やって、なんとか生きていければもうけもの。ダメだったら、それまで。という気持ちでリタイヤしました。日々食べるのでやっとですが、これで良かったと思っています。

    • 正吉 より:

      ヨレ蔵さん、コメントありがとうございます。
      そうですね。先のことばかり心配して、今が楽しくないのは良くないと思いますよね。
      まぁ、キリギリスみたいと言われれば、それまでなのですけどね・・。(^^;)

  2. ゴン太 より:

    ゴン太です。
    昨日インドネシアより帰国しました。
    僕も正吉さんと同じでアジアが好きです。
    あの発展途中の活気、熱気、そして日本とは全く違う
    生活における収支バランス、本当に面白いですね~

    3年前はベトナム縦断してきましたが僕はベトナムのほうが
    あっていました。
    でも、ひとつ言えるのはなんだかんだ言って今でも
    日本は恵まれているのでは無いでしょうかね~、
    気持ち次第だと思います。

    アジアでは下手すると収入のほとんどが食費にかかりますが、まだまだ日本では
    フリーアルバイターでもましな生活じゃないかと思います。
    とにかくインドネシアの人もベトナムの人もシンプルに生きてるような感じです。
    それに比べて日本人はあえて難しく複雑に生きている感じがします。
    わざと、障害を作って難しく生きる?って感じですかね~

    次はラオス、スリランカに行こうと思っています。
    日本で不満を感じたらアジアに行くと思い改められますよね(^^)/

    長くなってすみませんでした。
    日本に生まれて感謝です。

    • 正吉 より:

      ゴン太さん、コメントありがとうございます。
      おぉ、お帰りなさい。
      日本は恵まれていると思いますし、僕も日本大好きです。(^^)
      ただ制約が多すぎると思うんですよね。その制約を、誰が作っているのか(自分で思い込んじゃっているだけなのか)、よくわからないんですけどね。
      ぜひ、アジア旅ブログを作って、旅記録を書いてください。(^^)

      • ゴン太 より:

        正吉さん、僕もまったく同感です。本当に制約などが多すぎると思います。
        なんて言ったらいいか?日本人として生まれたからには日本には感謝なのでが・・・
        正直、国のシステムや日本人の右ならえ?や人の目、人と比べる、嫉妬が強い国民性などは嫌いです。ちょっと人より良い生活だと嫉妬し、人より自由があると嫉妬し、参りますよね~、それぞれ人生のどこに重点を置くかなのに、それなのに皆、他人を気にしすぎですよね~、僕はもともとサーファーで自由人なもので物質的な物には全く興味がなく、とにかく自由を求めています。お互い自分なりの自由を求めて頑張りましょうね。あとは僕にも正吉さんのような決断力が有れば(><):

        そんな訳でモバイル系苦手ですのでブログはまだ先になりそうです。
        だって未だにガラケーですからぁ(笑)

        • 正吉 より:

          ゴン太さん、コメントありがとうございます。
          「自分なりの自由を求めて頑張る」という言葉が良いですね。それが正解のような気がします。