妻と息子たちはこんな父をどう思っているのだろう?

旅行中、wifiのある環境では、LINEを使って家族と連絡をとっている。

LINEに家族4人のグループを作り、お互いに話せる環境を作っている。

LINEには写真をのせることができるので、twitterでつぶやくように、現地の情報と僕の状況を家族にも伝えている。

東南アジアならではの写真を送ると、妻と長男からは反応がすぐに返ってくる。

妻からは、「いいなぁ、私も行きたかったなぁ」という(批判的な(^^;))メッセージが多い。

中3の長男は、「おぉ、スゴイ」という素直な驚きを表現するメッセージをくれる。

中1の次男は既読なんだけど、あまり何も書いてはくれない。それでも「おやすみ」「おはよう」などのあいさつメッセージはくれる。

自分でも、どうして東南アジアを旅しているのか、よくわからないところがある。

「宝探し」というビジネス的な意味もあるし、単なる「観光」でもあるし、異国で独りでいたいという「外こもり」願望もある。
今までいっぱい働いてきたから骨休みをして、いろいろな世界を見てみたいという思いもある。

こういう思いは、うまく伝えにくいので、あまり伝える努力をせずに、「ちょっと行ってきます」とフイっと旅に出てしまう。
前回も前々回もそうだった。

なので、妻や息子たちはこんな父をどう思ってるんだろうな?と考える。離れていると余計にそう思う。

自分勝手に好きなことしておいて、何を今さらこんな不安を感じてるんだか、と思う。

こんな思いになってしまうのは、今が充実していて楽しいからかもな、とも思う。
オレだけこんなに楽しくて申し訳ないな、と感じているから、余計に家族のことが気になっちゃうのかもしれない。

せめて、何かよいお土産を持って帰ってあげようと思う。
(でも、今のところ、あんまり良いもの無いんだよなぁ・・。)

旅の感動を伝えたり残したりしたいのだけど なかなかうまくいかないに続きます。

   
   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. けんたろう より:

    今日本ではココナッツオイルが流行だそうです。
    大昔のナタデココブームみたいなものでしょうが
    日本からよく問い合わせあります。
    価値があるのは「エキストラヴァージンオイル」
    加熱してないので白く固まった様に見えます。
    間違ってもオリーブオイルみたいなパーム椰子油を買わない様に。

    • 正吉 より:

      けんたろうさん、コメントありがとうございます。
      ココナッツオイルのエキストラヴァージンオイルですね。メモ、メモ。
      探してみます。アドバイスありがとうございます。

  2. 見知らぬ男 より:

    まぁ、なるべく早くビジネスのネタを見つけて多少なりとも収入を確保するしかないのではないでしょうか。
    やはり父親、あるいは夫が働いていないというのは世間体もあるし、定期収入が無くなったというのは精神的不安を惹起させるでしょう。

    なんて考えていたら、ちょうどいいエントリーを見つけました。
    「ただし、お金や判断力や体力に恵まれていたら」 – シロクマの屑籠
    http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20150320/p1

    自由というものは、取り扱いが難しいもののようです。
    正吉さんが自由を使いこなして、さらなる飛躍を遂げることを祈っています。

    • 正吉 より:

      見知らぬ男さん、コメントありがとうございます。
      自由とは?というテーマでいくつか記事を書いてきましたが、会社を辞めてから、自由の考え方が変わってきました。
      ちゃんと記事にして書いてみたいと思っています。