「仕事を休んでしばらく南の島に行って何も考えずにバカになっていたい」とずっと夢見ていました

旅の終わりが近づいています。

前回書いた「神のようなホテル」に連泊しました。

ただ、このホテルは海までの距離が微妙にあって、ホイアンのビーチにすっかり魅せられてしまった僕にとって「海ベッタリ」になれないのが少し残念でした。

海辺を歩いているときに、海岸沿いのホテルを見つけました。

(このホテルなら、ドアを開けて30秒で海に来れるな・・)と思い、予約してみました。

ホテルの質は落ちたけど、ここはここでいい感じです。

朝5時に起きて、すぐに海岸に向かいます。そして、散歩。

朝は海が凪いでいるので1時間くらい海で遊び、朝ごはんを食べ、茅葺きパラソルの下で腹休めをしながら読書をして、暑くなったら部屋で読書したりパソコンいじったりして、お昼ご飯を食べて、次第に風と波が強くなる海で遊び、疲れたら部屋のバルコニーのハンモックに揺られながら昼寝&読書、夕方も海辺を散歩、そして夕食。

ノドが乾いたらすかさずビール。そして時折ツイッター。(^^;) 夜は家族とLINEで会話。酔っ払って22時に就寝。

こんな夢のような生活ももう終わっちゃうんだなぁ、と思うとかなり残念です。

会社員だった頃、「仕事を休んでしばらく南の島に行って何も考えずにバカになっていたい」とずっと夢見ていました。

(その夢が今、叶っているんだなぁ)と思います。

サラリーマンだった時は、

(でも、休み取れないし・・)
(でも、そんなお金無いし・・)
(でも、仕事のことが心配だし・・)
(でも、そもそも計画する時間も無いし)

なんて感じの「でもでも病」だった気がします。

ちゃんと本気になって計画すれば、

たった5日の有給休暇なんて取ろうと思えば取れるし、
お金は今回のような貧乏旅行にすれば7泊8日でも10万円かからないし、
どうしても仕事が気になるなら今ならSIMカード買ったり、WIFI駆使すれば連絡だって取れるし、
計画なんかしなくても飛び出しちゃえば何とかなるし。

ウジウジと考えてないでちゃんと上手く発散していれば、一時期のような悲惨な状態にはならなかったんじゃないかな、なんてことを強く感じました。

「言うのは簡単だけどなかなかそれができないんだよ」という気持ちもすごくわかるんだけど、(コイツの旅行記なんかムカツク、オレも行きたい)と思った方は是非やってみることをオススメします。

絶対楽しいし、今まで考えなかったようなことをいろいろ考えられると思います。(^^)

   
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね