インドネシア(ジャカルタ)旅行のお役立ち情報

インドネシア(ジャカルタ)旅行のお役立ち情報を書いておきます。

インドネシア(ジャカルタ)のスカルノ・ハッタ空港に到着してジャカルタ市街まで行くにはタクシーを使うのが良いかと思います。(バスもありますが、ものすごく時間がかかることがあるようです)

空港を出ると、客引きの人が声をかけてきたりポーターのように荷物を持とうとしたりしますが、無視して、「ブルーバード・グループのタクシー」を探しましょう。何も言わないでもメーターを回してくれるので料金交渉の必要がありませんし安心です。

「ブルーバード・グループ」のタクシーには「BLUE BIRD」「SILVER BIRD」「PUSAKA」の3種類があります。「SILVERBIRD」は高級車で、英語を話せる運転手に出会う確率が高いそうです。

僕がインドネシア(ジャカルタ)で泊まった2つの宿を紹介しておきます。

iHome Residence (アイホーム レジデンス)
宿泊費:¥2,800 (Rp 320,000)、シングル、バス・トイレ付、窓有、テレビ有、wifiは部屋で可、朝食無、スタッフ良い

ジャカルタ中心部ですが、わかりにくい場所にあります。ホテルの周りは少し危ない雰囲気です。立地はあまりよくありません。
ただ、ホテルの前にオート三輪(バジャイ)がいつもいるので、値段交渉をすれば100円~200円くらいで近くのお店やショッピングモールに行ってくれます。

建物、部屋はキレイで、セキュリティもしっかりしています。
僕は6Fの部屋に案内してもらったのですが、6Fには調理や食事ができるスペ-スがあり、そこからは周りの景色を眺められてちょっと得した気分になれました。
スタッフは親切で、いろいろと世話をしてくれました。

ihome 眺めの良い場所

Rumah Shinta (ルマ シンタ)
宿泊費:¥2,600 (Rp 295,000)、シングル、バス・トイレ付、窓無、テレビ有、wifiは部屋で可、朝食有、スタッフ良い

ジャカルタ北部(コタ地区)の宿です。
マンガ・ドゥア大通り沿いにあり、トランスジャカルタ・バスの停車場も近いので、移動に便利です。

部屋は清潔なのですが、虫対策の殺虫剤のニオイがキツかったです。(衣類が殺虫剤のニオイになっちゃった)
朝食のカレーは辛すぎて食べられませんでしたが、スープがおいしくて3杯もおかわりしてしまいました。
この宿のスタッフもフレンドリーで親切でした。

rumah インドネシアもシャワー・トイレは同じでした

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね