ここはどこ?

この文章は、どこなんだか、よくわからない場所で書いている。

次の目的地はカンボジアの首都プノンペンに決めたのだが、シェムリアップでビールばかり飲んでいたら、何だか体も心もかったるくなってしまい、出発予定の今日になるまで、飛行機で行くか、バスで行くか、決めかねていた。

朝一番に日本人旅行者と話をして、少しやる気が出たので、バスでプノンペンに移動することを決めた。
朝8時にホテルのフロントにバスの時間を聞いてみたら、2時間後にバスが出るというのでチケットを予約してもらって、急いで荷造りをした。

シェムリアップ – プノンペン間は飛行機だと1時間弱で、金額もカンボジア・アンコール航空のエコノミークラスなら8,000円~12,000円くらいで移動できるようだった。
でも、怖いことに乗客が少なくなると「欠航」になることが結構あるらしく、そういうトラブルは面倒だなぁと思ってしまった。

バスだと6時間もかかる。高速道路も無いし、舗装されていない部分もかなりあるらしい。
まぁ、エアコンもトイレも付いているようなバスなのだから、退屈なら寝てればいいし、カンボジアの田舎も見れるし、料金はUS$8(1,000円弱)で安かったので、バスで行くことに決めた。

予定の10時を大幅に遅れて11時にお迎えが来た。イヤな予感がした。
このまま、いろいろなことが遅れて、到着が遅れるんじゃないかと思ったのだ。
でも、その後は信じられないくらいのスピードで事が運んだ。

バスステーションに着いて、バスを乗り換えた。
冷たいオシボリと、冷たいミネラルウォーターが配られ、バスの中には音楽が流れ始め、エアコンがきき始め、すぐに出発となった。
運転手は、ちょっとスピード出しすぎなんじゃね?と思うくらいにビュンビュンと他の車を追い抜いて行く。

これなら、17時くらいには着くな、と安心し、外の景色を眺めた。

地平線が見える。地平線なんて見るのは久しぶりだ。アフリカで暮らしていた頃を思い出す。

街の建物が見えなくなると、ポツンポツンと掘っ立て小屋のような家が、通り沿いに建っているのが見える。

ハダカの子供たちがホコリまみれになって遊んでいる。
やっぱり田舎は、とても貧しい生活なんだろうなぁ、と思う。

2時間ほど走ったところで、突然バスが止まった。
運転手が何かスパナのようなものを持って、バスを降りていった。

roadjpg

「ん、なんだ、なんだ?」と思っていると、数人の乗客も心配そうな顔をして降りていく。
「ん、どした、どした?」と思っていると、スーツを着たビジネスマン風カンボジアンが、バスから荷物を引っ張り出して、違うミニバスに乗り込んでしまった。
周りの急いでいる人も、手を上げて車を止めて、交渉して別の車に乗り込んでいる。

運転手からは説明も何も無い。

再びバスに乗り込んできた運転手は、バスをバックし始めた。
そして、しばらくバックで移動した後、ドライブインのような食堂のような場所に入った。

運転手はバスを降りて、食堂に歩いていく。
「何なの?どしたの?」とカンボジア人が運転手を追っていく。
クメール語で何かを言い合っている。

僕はまったく状況がわからないので、運転手を捕まえて聞いてみた。
「故障なの?」
「そう」
「どうすんの?」
「今、代わりのバスを呼んだから2時間後にここに新しいバスが来る。それまでここで待て。」

どひゃー。
まさかの2時間待ち。

13時で2時間待ちなら、出発は15時で到着は19時を過ぎるだろう。
何かを食わなくてはならない。

ここの食堂には、ハエがたかり放題のカレーやヌードルしかなかった。
テーブルの下では子犬が、僕のこぼすご飯をあてにして、寝そべって待っている。(^^)

仕方なく、腹を壊す覚悟でエイヤ!で、カレーライスを頼んだ。

このカレー、、、すごく美味かった。(^^;)

curry

ココナッツ味の甘辛いカレーで、スパイスの効き方が絶妙だった。
今のところ、カンボジアで食べた料理の一番だったと思う。
カレーライスの値段は1US$(約120円)だった。安い。

今、僕はこの文章を、どこなんだか、よくわからない場所で書いている。
落ち着いたら投稿します。

kokodoko
3/19記

妻と息子たちはこんな父をどう思っているのだろう?に続きます。

   
   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. その選択肢なら僕もバスを選んだと思います。
    サラリーマンの旅行なら時間が貴重ですけど、リタイア後なら時間が一杯あるだろうから、多少間違っても修正する時間はありますからね。
    バス故障大変でしたね、でも、そういったトラブルも含めて楽しい思い出になるんじゃないでしょうか。
    僕は去年タイの鉄道でレール故障で延々またされたことがありました。。。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      ブログの内容がガラっと変わってしまったので、読んでもらえているのか不安になるのですが、招き猫の右手さんが丁寧にコメントをくださるのでモチベーションがあがります。(^^)

      完全に行き当たりばったり旅なので、こういうトラブルも楽しめます。
      あのカレーに出会えたのもトラブルのおかげかもです。(^^)