定年まで働き続けなければならない本当の理由

(前回からの続きです)

僕は、期間的にも、時間的にも、出来ればあまり働きたくないと考えています。

就職する前から「将来は早めに隠居したい」と本気で考えていました。

ジョン・レノンがセミリタイアをしていたとか、本田健さんが育児セミリタイアをした、ということを知ったとき、とてもうらやましく思いました。

「会社員は定年の60歳まで働く」と知って、「絶対無理!」と思っていました。

どうして、皆がそんなに長く働かなければならないのかが、よくわかりませんでした。

この記事を読むと、何となく答えがわかり、少し衝撃を受けました。

「あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由」

なんでこんなに必死になって働いて「もっと給料が欲しい」「もっと出世したい」「もっと稼ぎたい」となるのでしょうか?

明確な答えが分かったわけではありませんが、ただ1つ確実に言えるのは「資本主義というのは、お金の流れが自動的に拡大していく社会である」ということです。

私たちは必要最低限の生活費を除くと「公務員」と「建設会社」と「銀行員や保険マン」を食べさせるために、一生懸命働いていると言えます。

自分や家族が生きていくためだけに働いてお金を稼ぐのではなく、
資本主義という仕組みに踊らされて、僕が忌み嫌っている「連中」のために、働いているということになります。

この記事の通り、
僕は、マイホームをローンで買い、民間の生命保険にも入っています。

「全てが間違っていた!」とは思いません。

「ローンは出来るだけ組まない(期間的にも金額的にも)」
「保険は不幸の宝くじだから保険貧乏になっちゃダメ」

などのある程度の勉強はしていたつもりだったからです。

でもこの記事を読むと、資本主義のワナと日本の政策にまんまとハマってしまっているな、と感じます。

定年まで馬車馬のように働かなくても済むように、ちゃんと考えないといけないな、と思います。

(続きます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です