退職を延ばして休職をすることにしました

退職を先延ばしすることにしました。

そして、会社を休職することにしました。

具体的に、どんな話し合いをして、どのような行動をとったかを公表することは、相談した人に迷惑がかかるかもしれないので現時点では公表しないでおきます。すみません。

書ける範囲で、ざっくりと書きます。

今日の午前中に、産業医と面談をしました。

その後、直属の上司である課長と話し合いをしました。

通院している心療内科に行き、診断書をもらってきました。

午後、休職する旨を関係者に伝え、担当業務の引継をしました。

明日から有給休暇を使って、お休みをします。今のところお休みは2カ月間です。

いろいろとありましたが、とりあえず今日のところは簡潔にご報告です・・。

追記:
いつも、記事のURL(パーマリンク)にタイトル代わりに適当な英語を書いています。
休職は英語で何て言うのかな?と調べたら、”leave of absence”、”suspension from office”の他に、”temporary retirement”と書いてありました。
“temporary retirement”(一時的なリタイア)。
何だか今の自分にピッタリな言葉だな、と思いました。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. クロスパール より:

    一つの決断をしたことで一区切りついたいのではないでしょうか。二か月間時間があるということなのでゆっくり静養・今後の動向を考えることができますね。
    正吉さんの未来が良くなるといいですね。

    • 正吉 より:

      クロスパールさん、コメントありがとうございます。
      はい、未来が良いものになるよう、あんまりがんばらないでがんばります。

  2. じゅんぺー より:

    辞めるのはいつでもできるので、この休職はいい決断ではないでしょうか。今後のことを考える時間もできますが、先ずはゆっくり心身を休めて下さい。
    2ヶ月だと短いかもしれませんが、私の場合は1年近く休んでいて、働こうかなという気力は出て来ました。

    • 正吉 より:

      じゅんぺーさん、コメントありがとうございます。
      はい、まずはゆっくりしたいと思います。この2ヶ月を大切にしようと思います。

  3. パルタ7 より:

    こんにちは。
    病気休職というのは、賢明な判断だと思います。休暇中にゆっくりこの先の事を考えましょう。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん、コメントありがとうございます。
      はい、ゆっくりとします。パルタ7さんの道を後から進むようになりそうです。いろいろと教えてくださいね。<(_ _)>

  4. 家事徹夫 より:

    こんばんは。良い選択をしたと思います。
    2ヶ月間、リタイアした後にしようとしている生活をシミュレーションしてみると良いかもしれません。その後サラリーマンの方がいいと思えば戻ればいいですし、思っているような生活ができそうであれば前向きに退職できます。良い上司に相談できてよかったですね。

    • 正吉 より:

      家事徹夫さん、コメントありがとうございます。
      なるほど。シミュレーションですか。も少し元気になったらやってみたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です