休職2日目 でもまだ眠い

7月初めに、調子を崩して連休しました。
8月半ばに、お盆休みで連休しました。
なので、僕の身体的な休息は取れているはずです。

でも、まだ、眠い。

ひたすら眠くて、今日も寝続けています。

起きてた時間は3時間くらいかな。

正直に告白すると、今回の休職は「病への逃げ」だと僕は思っていました。

心療内科で「うつ病」と診断されているのは本当だし、会社での仕事がツラいと思っているのも本当です。
でも、7年前、40歳の時に休職した時はもっとヒドい状態でした。
身体中に気持ちの悪い汗を大量にかいて、鼓動が激しくなって、会社の机の前に座っていられない状態でした。

それに比べると、今回の休職は、病状的にはそんなに切羽詰まっていない、「退職までの時間稼ぎ」のようなものだと思っていたのです。

でも、いざ休めるとなったらここまで眠れてしまう身体と心の状態を考えると、やっぱりかなりやられちゃってたんだなぁ、と感じます。

というわけで、また寝ます。

たくさんコメントをいただきありがとうございます。コメント返信少しお待ちください。ごめんなさい。<(_ _)>

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. さいら より:

    自分の時と似ていますね。
    ひどいときは痙攣、薬の影響だと思いますがだるくて寝てばかり。
    ご自身が良くご存知だと思いますが、毎回休みが終わりに近づくと動悸がしてだるさが増すなどなっていませんか?
    ストレスの原因が職場なら、職場自体が変わらないと復帰しても健康回復は難しいように思えます。
    正吉さんの健康が回復できる選択をされますように祈っています。

    • 正吉 より:

      さいらさん、コメントありがとうございます。
      休みの終わりは常に調子悪いですね。自分にとって一番良い選択ができるようにゆっくりと考えたいと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です