子供たちに会社を辞めることを話しました

退職日が決まって、妻に「退職日が決まったよ」と伝えました。

「あぁ、決まったのね」と妻は軽く返事をしました。
心の内側では いろいろと考えるところがあると思いますが、何事もなかったように受け流してくれました。

12/23(火)は、天皇誕生日で祝日でしたが、妻はパートの出勤日でした。
この日に、「父の退職」について子供たちにきちんと話すことにしました。

家の中だと、電話やら、スマホやら、パソコンやら、テレビやら、と邪魔なモノがたくさんあるので、外に出かけることにしました。
とは言っても、ファミレスやカフェだとちゃんと話すことが出来ないし、落ち着いて話ができる場所って意外にありません。
ので、市民ホールの会議室を借りることにしました。

kaigi

少しかしこまり過ぎかな、とも思いましたが、会議室を借りて家族会議をやるなんて初めてのことです。
子供たちも「オレ、議事進行やる」「じゃ、オレ書記」とノッてきました。(^^;)

会社のダメ会議のようにダラダラしたくなかったのでメモを用意しました。そのメモを公開しちゃいます。

—– メモ ここから ——

■父が会社を辞める理由

①年齢と気持ちのこと
・歳をとって死を意識し始めてから、自分が自由に使える時間をとても貴重なものに感じるようになった
・その貴重な時間を自分がつまらないと思うことに費やすことが嫌になった

②健康のこと
・ストレスを感じ続けるようになってしまった
・ストレスで眠れなくなった
・命の危険を感じるようになった

③人間関係のこと
・会社のことでイライラすることがとても増えた
・気持ちに余裕がなくなることで、家族や友達などの大切な人間関係に悪影響が出てきた
・君たちにも、イライラをぶつけることがあった。ゴメンね。

④会社のこと
・面倒なことがどんどん増えてきた(いつまでこんなことやってんの?という仕事をしなければならなくなってきた)
・自分のやりたい仕事、自分にとって意味のある仕事、自分が喜べる仕事がなくなってきた
・今の会社は、君たちの好きなRADWIMPSが歌うように「退廃的で暴力的 悲劇的超えて残酷な 差別的ゆえに反逆的な世界」に変わってきている。
 父は もうそういう世界で生きていくのが嫌になってしまった

■逃げていい(苦しくて死んじゃうくらいなら逃げていいです)

■お金の事(本当はあまり家庭では話題にしないことかも。でも父は敢えて話題にします)

・家のお金、毎月かかるお金

・貯えがあって、失業保険がもらえるので、しばらくは家計に心配がない

・これからは今まで以上に、お金を使うことに対して慎重になる

・学費の心配は増えるけど、希望が叶うようあきらめずに抜け道を一緒に探すつもりである

・塾に通わせない方針は変わらないので、学校での勉強をしっかりやること

■これからのこと

・しばらくは家でゆっくりとできるので、相談や頼み事があれば、いつでもそのための時間を割くことができます
(今までは話をすることさえ あまりできていなかった)

・父は元気が戻ってきたら、雇われない働き方で仕事を始めます

・父の職業は「自営業」になります。友達に「お前のお父さん何してんの?」と聞かれたらそう答えてね

・お母さんのパートの時間が増えるので家のお手伝いをして欲しい

・学校の送り迎えが難しくなるので、自分でいろいろ工夫してね

・ある程度の成績を取っていて、興味がないことならば、家で勉強しなくてもいい(今までと同じ)

16歳になったら自由放任にします(構わない・怒らない)、でも自由には責任が伴います

自分で起きる・自分で交通手段を確保する・自分でできること、は自分でしてね

今、イヤだと思っていることは何かある?

君たちはどうして勉強しなくてはいけないのか?

いい高校、いい大学って何か?

どうしていい高校、いい大学に行かなければいけないの?

いい会社って何か?

—– メモ ここまで ——

子供たちも大人になってきたので「本音」で話しました。
子供たちも「本音」で返してきてくれました。

いい時間が過ごせました。
あっという間の1時間半でした。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. yumiha より:

    会議室という普段とは違う空間で、改まって子どもと向き合うこと。簡単なようですけど、私には勇気がいることです。
    おつかれさまでした。
    子どもさんたちにとっても良い経験になったと思います。
    しっかり成長されるでしょうね。
    私も子どもがもう少し大きくなったら、生き方について話したいことがいろいろあります。

    • 正吉 より:

      yumihaさん、コメントありがとうございます。
      会社で新人くんの教育をしている時などに、「あれ?コレって本当は自分の子供に教えなくちゃいけないことだよな」ってよく思っていました。
      今のうちに話しておきたいことがたくさんあります。
      ブログ、面白いですね。僕もお金とブログが好きです。(^^) また訪問させていただきますね。

  2. スノー より:

    お父さんがいつの間にか会社を辞めて家でゴロゴロしているようになったと思われるより、はっきりと子供たちに退職宣言したことで子供たちもある意味安心感を持つように思います。

    • 正吉 より:

      スノーさん、コメントありがとうございます。
      友達に「オマエのお父さん昼間によく見るけど何してんの?」って聞かれたら子供たちは困るだろうなぁ、から始まりました。
      安心してくれた、のかな?

  3. さや より:

    ご自分のお気持ちや考えを整理し、まとめられ、子どもたちに
    伝えられ、それを受け止められる成長したお子さんがいらして
    何よりです。

    詳細を存じ上げませんが私の勝手な印象では、あなた様の奥様の
    対応のされ方が素晴らしいと思います。あなたがご病気に
    なられたり、命を落とすよりも「会社を辞める」という選択を
    支持されたのかなと思います。

    しばらくは休養され、時間が許せば夫婦水入らずの旅行や
    家族旅行もいいかもしれないですね。奥様も労わってあげて
    ください。もちろん、あなた自身も。

    • 正吉 より:

      さやさん、コメントありがとうございます。
      そうですね。妻にはとても感謝していていろいろと書きたいことがあり過ぎて書けないでいます。(^^;)
      大切にします。

  4. リトルドッグ より:

    ついに決定したのですね!
    家族のご理解を頂けるのは…私からすると羨ましく思います。
    私のとこは、ボソッと「会社辞めようかと…」みたいな発言しただけで混乱してましたから‥(-.-)
    それだけ私が甲斐性ないと思われているからでしょうね…(-。-;)

    とにかく長い間お疲れさまでした。\(__)

    • 正吉 より:

      リトルドッグさん、コメントありがとうございます。
      はい。決定しました。
      辞めてもたぶん大丈夫と思わせる根拠を見せてあげれば混乱は避けられるかと。最初は反対されると思いますが。。。

  5. ママチャリライダー より:

    わざわざ会議室を借りて話をしたのが良かったと思います。
    家でしていたら子供達も真剣に受け止めてくれなかったかもしれません。
    素晴らしいアイディアです。正吉さんの今後のビジネスも上手く行くことをお祈りします。

    私は最近、ハンドメイドで作った小物をネットオークションに出品したところ、予想以上の金額で落札されました。今は、もっと良いものを作ろう、と思案中です。
    自分で考えて作ったものが見ず知らずの人に評価されてお金が頂けるのは、純粋に自分のした仕事そのものを評価してもらってその結果も全部自分に返ってくるので、すごくやりがいがあって楽しいですね。
    会社を見ていますと、たいして仕事もできないのに、上の人達への立ち振る舞いだけで評価されている人が少なからずいますからね。
    個人でも簡単に不特定多数の人と商売ができる良い時代になりました。久しぶりにワクワクした気持ちになっています。

    • 正吉 より:

      ママチャリライダーさん、コメントありがとうございます。
      そうかもしれません。かしこまって会議室を借りて良かったです。
      商売を始める敷居は低くなっていますね。資金が少なくてもいろいろと試すことができるので僕も始めています。
      自分だけの力でお金が稼げるとうれしいですよね~。

  6. 私だったらそういう凝ったことはできずに適当に済ませてしまいそうです。
    いずれにしてもこれで一段階進んだ感じですね。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      招き猫の右手さんはマメそうだから、もっと凝りそうな気がしますけど???
      ちょっとずつ進んでいます。

  7. 子供さんも正吉さんの気持ちを心から理解してくれたんじゃないでしょうか。こうやって面と向かって話すって家族でもなかなかできることじゃないと思うのでカッコイイなと思いました。

    • 正吉 より:

      クロスパールさん、コメントありがとうございます。
      かしこまった場所で面と向かうと確かに最初は恥ずかしくて、お互いにモジモジしちゃいました。(^^;)

  8. ひで坊 より:

    素晴らしい対応だったと思います。

    私も子供がいる家族構成ですが、定年前のリタイヤ(正吉さんはリタイヤではなく転職である事はもちろん承知しております)を考えています。

    数あるリタイヤブログの中で、子供あり家族でありながら、正吉さんくらいの年でリタイヤされた例はほとんど無いのではないでしょうか。

    陰ながら応援させていただきます。
    お身体に気をつけて頑張ってください。
    これからも更新、楽しみにしています。

    • 正吉 より:

      ひで坊さん、コメントありがとうございます。
      妻子ありローンありで会社を辞めちゃうなんて自分でもヒドいなと思います。
      でも、根拠薄弱ですがうまくいきそうな気がしています。
      これからも応援よろしくお願いします。

  9. きりん より:

    いつも拝見しています。間違いない選択だと思います。
    家族への報告方法も感服しました。

    自分と向き合う時間・癒やす時間。まだまだ必要かと思いますので、あまり無理せず、少しずつ新しい道を歩まれるよう祈念しております。

    • 正吉 より:

      きりんさん、コメントありがとうございます。
      ご購読いただき、ありがとうございます。
      きりんさんのブログはすごいですね。記事の内容やレイアウトがとても良くてファンになりました。
      これからも訪問させていただきますね。