早期退職後の人とのおつきあい

ここ最近、「もう少し人と交わりたい」という気持ちに変わってきている。
本当に付き合いたい人には連絡を取ってみようと思う。
そして、今まで会社勤めで、あまり地域の人と交われなかったから、これからは少し付き合いを深めていきたいなと思っている。

「48歳無職になって半年経った」

と書きました。

ここ数日、夏休みということもあり、いろいろな人に会いました。
(ブログの更新もだいぶサボっちゃいました)

●最初の会社時代の友人
●退職した会社の友人
●バンド関係の新しいメンバー
●ご近所さん
●企業サイトの担当者さん

1.最初の会社時代の友人

横浜のSE会社時代の友人です。
僕にとって、とても大切な友達。

年賀状のやりとりは続けていたけど、会うのは久しぶりでした。
会社を辞めたこと、今はすごく幸せなこと、生活にはとりあえず困っていないこと、お互いの家族のこと、を飲みながら話しました。

2人ともお酒大好きなので、6時間も飲んでしまった。
「じゃあ、また、いつか」と言って別れました。

会ってよかった。会えてよかった。

2.退職した会社の友人

僕が半年前に退職した会社で出会った友達。
彼は、同じ部署の同僚で、とても「いいヤツ」。
よく一緒に飲みにも行ったし、本音で語り合うことができる数少ない人でした。
「会社を辞めて正解です」と言ってくれた友人です。

僕はあまり良い辞め方をしていなかったので、退職後、会社の人とは連絡を取っていませんでしたが、思い切って連絡をしてみました。
忙しいはずなのに、すぐに会ってくれて、「元気なの?」「もう大丈夫なの?」とたくさん聞かれてしまいました。

僕は「辞める」と決めてからは、ずっと元気だったのだけど、ちゃんと連絡を取っていなかったから、彼には心配をかけ続けていたのだと気づいて、とても申し訳ない気持ちになりました。

近況を語り合いました。

会社は相変わらずなようで、僕が休職してから一時期は、負荷軽減や拘束時間の見直し対策がされていたようですが、すぐに元に戻ってしまったそうです。
「経営側の意識が変わらなければ何も変わらない」と彼は言っていました。
50代、60代の「勝ち逃げ画策組」が、改善や改革の邪魔をし続けている印象を受けました。

「本当に辞めて正解だったと思うよ」と言ってくれました。

僕は(彼にも迷惑をかけてしまった)という気持ちをずっと持ち続けていて、実際にその通りなのだと思うけど、彼はそういったことを一切言わずにいてくれました。

今まで、彼とは家族ぐるみの付き合いもしていて、クリスマスの時期に100円ショップで選んだ「プレゼント交換会」を我が家でやっていました。僕の家族4人と彼の家族3人でプレゼントを交換し合っていたのです。
「また、クリスマスパーチーしようね」と言って別れました。

やっぱり、会ってよかった。

「早期退職後にバンド活動を始める」に続きます

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。
    退職後、久しぶりに色んな人に会ったのですね。良い事だと思います。退職すると、会社関係の付き合いがほとんどなくなるので、友人と呼べる人がぐっと減ります。また、意識して地元のコミニュティ―に入らいないと、孤独感すら増してきます。気がついたら一人ぼっちなんて恐ろしい事にもなりかねません。やはり友は大事にしたいですね。人生、人との付き合いは大切です。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん、コメントありがとうございます。
      友達は大事にしたいです。
      ただ、孤独を恐れて人と群れるようなことはしたくないな、と思っています。
      付き合いたくない人とは付き合わない自由をやっと手に入れたので、それを大切にしていこうと思っています。