豊かさとは「知識」と「自由」と「心身の健康」である

久しぶりに都内を歩いていたら、ジョギングをしている40代~50代の人をたくさん見かけた。

走っている人たちは、一様に姿勢が良く、無駄な贅肉が少ない人が多かった。

身につけている物にも無駄がなく、シンプルな格好をしているけど、とても豊かに見えた。

電車の中でも、豊かに見える人は、朗らかな顔をしている人が多いと感じた。

血色が良くて、笑っているわけではないが、何だか楽しそうな表情をしている。

神田昌典さんは、講演で「豊かさとは知識である」と言っていた。

その通りだなと思ってきたけれど、豊かさには「心身の健康」も必要だな、と思い始めている。

病気で身体が思うように動かない人もいると思うけれど、身体が健康でも心を病んでいる人は もっと多いと思う。

ある程度の「知識」を持って自分と家族が「自由に生きていけるように計画と実践」をして「心身の健康」を保つ

これが「真の豊かさ」ではないだろうか。

都会の空気を感じながら、ボヤーっとそんなことを考えていた。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。
    豊かさとは「知識」「自由」「心身の健康」というのは正解ですね。しかし、病気まみれの私には「心身の健康」がありませんので、豊かではありません。これは実感出来ます。病気さえなければ本当に良いだろうなと、よく思います。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん、コメントありがとうございます。
      病気はつらいですね。病気をしても、心までやられないように注意をしているんですが、むずかしいです。

  2. 僕も本当の豊かさを実感しているところです。
    好きなだけ趣味をして本も読んで、体も健康で。
    これに勝ることはないですね。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      いいですね。満喫してますね。満足なお顔が目に浮かびます。(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です