僕は何かを変えなければいけない (2013年のまとめ)

2013年が終わります。
今年のまとめをしておきます。

・2013年の初めに「会社で仕事をすること」「会社に行くこと」がとても苦痛になった。
・6月に限界が来た。何とかしないと人生がダメになると考え始めた。
・まずは身体とココロを休めることにした。
・余裕が出てきたので、人生やら働き方について調べ始めた。
・人生や働き方のブログや本を知った。
・自分もブログで情報発信をしてみようと思い、このブログを始めた。

今までも「会社行くのイヤだな」「会社辞めてぇな」と思うことは何度もありました。
でも、今年感じたのは「このままじゃヤバイ」という危機感を伴った想いでした。

「なんでこんなに生きづらいんだろう?」
「どうしてこうなっちゃったんだろう?」
「今までと何が違うんだろう?」

こんなことばかりを考えていました。

そんなとき、本田直之さんの著書『ノマドライフ』の冒頭で、こんな言葉を見つけました。

『もし今日が人生最後の日だとしたら、今日これからやることは、本当に私のやりたいことだろうか?それに対する答えが『ノー』の日が何日も続いたら、そろそろ何かを変えなければならない』
 
アップルの創業者であるスティーブ・ジョブス氏の言葉です。

「メンヘラサラリーマンな僕の一日」 という記事に書きましたが、僕の場合『ノー』の日がずーっと続いてしまい、うつ状態になっています。

これじゃイカンと思いました。

何かを変えなければいけないと思いました。

これからの人生を考える「時間と余裕が欲しい」と強く思いました。

そして「時間と余裕」を無理やり作りました。
(具体的な方法を今は書くことが出来ません。すみません。)

そして、人生設計やら働き方について調べ始めました。
本を読んだり、ネットのサイトを読んだり、ブログを読んだりし始めました。

同じような悩みをもつ人、何とかしようとしている人、これからの社会がどう変わっていくか・未来がどうなるか・働きかたがどう変わろうとしているのかをブログや本に書いている人、がいることを知りました。

僕は、あまり深く考えずに生きてきました。
でも、これからの人生について真剣に考え始めました。

僕が悩んで考えたことを知りたがっている人もいるかもしれないので、僕もブログで情報発信してみようと思いました。
そして、11月にブログを開始しました。

毎日更新しようと思いました。
気が向いたら更新しよう、という気持ちでは絶対続かないと思ったからです。
(実際には毎日更新は出来ていません。後で日付調整したり予約配信をしたりしています)

来年もこのブログを続けようと思います。

今年、このブログを訪問してくれたあなたに感謝です。
こんな下手な文章を読んでくれてどうもありがとうございます。
そして、来年もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね